top of page

アーモンドペーストを使った編み込みパン


世界の編み込みパン


編み込みパンはどの地域にもありますが、東欧に多く見られます。


世界中のレシピを知るのが好きな私は、伝統的な編み込みパンのリストを紹介せずにはいられません。


●まずは、定番のハッラー(Hallah)をご紹介します。東欧では安息日を祝うためにユダヤ人の食卓には必ず出されており、イスラエルでも食べられています。パンとブリオッシュの間のようなハッラーは、朝食や食事の際にいただきます。少し甘いので朝に食べるのが好きです。


●次は、チョレグ(Tsoureki τσουρέκιです。チョレグは、特にイースターに食べられるギリシャのパンです。ハッラーによく似ています。



●こちらもイースターにちなんだパンです。ポーランドのチョコレートのバッカ(bakka)

、こちらはパンというよりもデザートとしていただけます。


●スイスの手編みパン、ツォップ(zöpfもお勧めです。朝食にいただきましょう!


●そして、ブリオッシュに似ているポルトガルのレゲイーファ(Regueifa)があります。こちらは休日やイースターにポルトガルの家庭の朝食によく出されます。


●ルーマニアのコーラック(colac)もありますよ。


●チェコの編み込みパン、ヴァーノシュカ(vanocka)もあります。


●そらから、ドイツの伝統的なプレッツェル(pretzel)ありましたね。


●ヨーロッパから離れた中国では、花卷(hua juan)という蒸しパンもあります。



ビーガンペーストを練り込んだ編込みパン


そして、今回ご紹介する私のレシピ「アーモンドペーストの編み込みパン」があります。美味しくて、香ばしい、夏の味がします。友達や家族と一緒に食前酒を飲みたくなるような味です。パクパクと食べれて気がつけば完食…なんてこともあるはずです!



そもそも、アーモンドペーストを練りこんだパンはどのように食べるのが良いかと疑問に思う方のために、色々な食べ方をご紹介します。



●少し温めてギリシャ風サラダと。


●そして冷えた状態で、ズッキーニのフリッタータシチリアのレモンバジルのカポナータと一緒にいただくと相性抜群ですよ。


このように、アーモンドペースト入り編み込みパンは、美味しくいただくためのアイデアはたくさんあります。


●最後にちょっとしたアドバイス。フルーツケフィアがあれば、作る際にパン生地の水の代わりに使うのもおすすめです。

アーモンドペーストの編み込みパンの作り方


準備時間:20分

調理時間: 35分

休止時間:2時間


【パンの材料(1個分)】

・中力粉:400 g

・パン酵母:8 g

・塩(ハーブ入り):小さじ1

・温水:220ml


【アーモンドペーストの材料】

・バジル(生):1束

・にんにく:2片

・レモン汁:大さじ2

・アーモンド:100 g

・オリーブオイル:10 cl

・ハーブソルト、挽きたてのコショウ

・ニュートリショナルイースト(お好みで):大さじ1

 

【編み込みパンの作り方】

(1)100mlのぬるま湯にパン酵母を入れて溶かして砕く。ひとつまみの砂糖を加えて軽く混ぜ、酵母を活性化させる(表面に小さな泡が出てきたら、酵母が活性化している証拠)。

(2)ボウルに中力粉と塩を入れ、塩を分散するようにかき混ぜる。真ん中に溝を作り、そこにイーストが入ったぬるま湯を少し加えて混ぜ、パン生地を作る。残りの水を少しずつ加えながら、約10分間、生地を練り続ける。

(3)生地がべたつく場合は中力粉を少し足し、生地が乾燥しすぎている場合は水を少し足す(練り込みパンの生地は柔らかくて滑らかなことがポイント)。

(4)生地に弾力性が出てきたら、軽く油を塗ったボウルに入れ、清潔で少し湿らせた布で覆う。直射日光が当たらず、風の当たらない暖かい場所で1時間ほど置いておく(生地は2倍の体積に膨らむ)。


【作り方第二段】


(1)生地が膨らんできたらこぶしでガスを抜く。作業面に中力粉を振り、その上に生地を置く。その後、麺棒で約45×30cmの長方形に伸ばします。

(2)パン生地の上にアーモンドペーストを端2cm以外を除き、均等に広げたら、生地を縦に伸ばしていく。生地をしっかりと押し付けながら、ゆっくりと巻いていき、両端で生地をつまんで閉じる。

(3)切れ味の良いナイフで生地を縦に半分に切り、アーモンドペーストが入った細長い生地2本を作る。両端はつまんでまとめる。

(4)あとはカットした側を上に三つ編みにするだけ。2つの生地をX字型に交互に重ねていく。

(5)(お好みで三つ編みで輪を作り)きれいな布で覆う。再度、風通しの良い場所で40分以上寝かせる。

(6)オーブンを180°に予熱する。織り上げたパンをベーキングペーパーを敷いた耐熱皿に載せ、30分ほど焼く。焼きあがったら、アーモンドペーストパンをラックにのせて冷ます。


【アーモンドペースト】

(1)アーモンドをローストする(この工程は必須ではないが、ローストしたアーモンド特有の味を引き出すことができる)。フライパンを熱し、その上にアーモンドを入れて色をつけながらローストする。アーモンドのトーストのいい香りがしてきたら、火を止めてアーモンドを取り出す。

(2)バジルの葉を冷水で洗い、きれいな布かペーパータオルの上に置き、水分を取っておく。

(3)バジルの葉、ニンニク、レモン汁、ローストアーモンド、オリーブオイル、そしてニュートリショナルイーストをフードプロセッサーに入れ、滑らかになるまでブレンドする。ボウルから取り出して、塩とコショウで味付けする。涼しい場所に保管する。


アーモンドとバジルの風味が広がる編み込みパンは色々な食事と相性がよく、ご自分でも作れます。休日などにぜひ作ってみてはいかがでしょうか?


校正Erika

 

Follow Clémentine







Kommentare


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page