サウジアラビアの500億本植林による、炭素排出量60%削減計画

更新日:2021年5月15日



リヤドグリーン


サウジアラビア当局は、中東を気候変動から保護することを目的とした大規模なイニシアチブを発表しました。


サウジアラビアは、世界で最も大きく、最も乾燥していて、最も暑い変化する砂の砂漠であり、他の湾岸諸国と同様に、地球の気温上昇に苦しむ場所にあります。


グリーンサウジアラビアとグリーン中東と呼ばれる取り組みは、世界最大の植林活動の頂点に立つことを目的としています。アラブ諸国全体で500億回の植林活動を、王国の保護地域の2倍以上の面積での取り組みを実現します。世界の炭素排出量を8%削減し、国内の排出量を60%削減するグリーンエネルギーへの大きな推進力となるでしょう。


富が化石燃料に由来することを認識し、今後10年間に50%のグリーンエネルギーを生み出すことを目指しています。


「世界をリードする石油生産者として、私たちは気候危機との闘いを推進する責任を十分に認識しており、石油・ガス時代のエネルギー市場の安定化において主導的な役割を果たしたい。これからは緑の時代を作り出す」とサウジアラビア当局者はアラブニュース話しました


サウジアラビアでは砂漠化と衰弱性の砂嵐に苦しんでおり、降雨量も少ない。都市を緑に包み、人工的な気象変動を利用して降雨量を増やすことは、象徴的なアラビアの野生生物復活させ、既存の保護された砂漠と海洋の生態系を国の主権領土の30%に引き上げる取り組みとなります。


また、さらに広い中東地域全体で、サウジアラビアは、各国がCO2排出量を削減するより近代的で効率的な炭化水素技術の導入支援も計画しています。プログラムの具体的な方法と戦略の詳細は、来年発表される予定です。


「これはほんの始まりに過ぎません」と当局者は付け加えました。「王国、地域、そして世界全体は、気候変動との戦いにおいて、さらに加速したペースで前進する必要があります。」


Source :www.goodnewsnetwork.org


酒類販売管理者標識 (2).png