top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

12才の男の子がファイザーのワクチンを接種して10日後に死亡(タイ)










 12才のタイの少年Nong Moss(仮名)君が12月1日に2回目のファイザーのワクチンを接種し、12月11日に亡くなった。Moss君の両親、親戚が悲しみの中で遺体を引き取りにやってきた。Moss君の両親は、一家の一人息子が突然亡くなったことに大きな悲しみを抱いている。両親によると、先天性の疾患はなかった。






 Moss君は、ファイザーのワクチンを接種後、12月6日には息切れを起こすようになり、体調が悪くなっていった。そして、12月8日に入院し、ICUに2泊している間、彼の病症はさらに悪化し続けた。12月10日に、医師と看護師は、心臓ポンプで彼の命を救おうとしたが、役に立たなかった。そして12月11日に死亡した。


両親の話

「死因は、2021年12月1日にファイザーの2回目のワクチン接種を受けた影響によるものと考えられる。そのため、関係政府機関に原因の解明をお願いしたい。」

「葬儀は自宅で行われた。病院のスタッフと公衆衛生チームが出席し、Mossの死因がワクチン接種であることは認めているようだが、それでもMossは先天性疾患の可能性があり、医師は念のため確認している最中だと主張している。ワクチン接種後に死亡した人がいる場合、必ずこのような形の主張になる。」



しかしながら、Moss君の両親や親族は、Moss君が先天性の病気があるとは思っていない。ずっとMoss君は強い子で、サッカー等のスポーツをしたりたりして、楽しい子だった。今までに病気の治療を受けた経歴もない。Moss君の両親や葬式の手配を手伝った隣人のほとんどは、Moss君の死の原因は間違いなく彼がワクチン接種を受けたためだと信じている。







人々の話

「政府機関は、全ての子供にワクチン接種をすることを強要し、ワクチンを接種しなければ、学校に行けないと主張する。ワクチン接種をさせたくない思っている親でも、子供を学校に行かせたいがために、強制的にワクチン接種に連れて行く。しかし、このような犠牲が発生したとき、多くの場合、誠実に犠牲を認めて責任を取ることを政府機関が名乗り出たことを見たことがなく、しばしば先天性の病気で死んだと主張する。もし皆さんがコロナワクチンの接種がMoss君の死の原因となったことを知れば、ワクチンを接種させる親はまずいなくなるだろう。」



 世界でワクチン接種後、若年層が死亡するという事例が多発している。つい先日も、ベトナムで12才の少年が亡くなったばかりだ。





参考









Comentarios


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page