top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

13才の少年がファイザー社のワクチン接種後に死亡。当局による調査が開始された(ブラジル)

 ブラジルの北部のロンドニア州の都市ヴァーレ・ド・アナリに住む13才の少年がファイザー社のコロナワクチンを8月25日に接種し、6週間後に死亡した。






 少年の名は、Weverton Silva君。彼が初回のワクチンを接種後、すぐに幾つかの症状が現れた。


彼のワクチン接種日を示す公式な書類



 彼は10月8日、ヴァーレ・ド・アナリの都市部にある診療所内で倒れ、死亡した。心停止による突然の死であったため、現在調査中である。





 映像では、10月8日(金)の夜、Weverton Silva君は、突然倒れ、医師や周りの人が蘇生させようと努力しているが、彼は反応しなかった。彼の遺体は調査のためにロンドニア州の都市アリケメスに送られた。当局は、彼の突然の死と44日前のファイザー社のコロナワクチンの初回接種との間にどのような因果関係があるのかを明らかにしようとしている。









参考







Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page