top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチン接種後に13才の少年が死亡(マレーシア)




 マレーシアでは、健康な13才の少年がワクチン接種後に亡くなり、ワクチンの安全性が疑問視されるようになった。






 両親が公開した映像がSNSで広まった。








 悲痛に暮れる両親







メディアのニュース






 亡くなったのは、Yuvanesh Kumar君。13才だった。ワクチンを接種したいと思ったことはなかった。ワクチン接種をしたくないと泣いて訴え続けた。なぜならば、学校がワクチン接種を義務付けたためKumar君は、ワクチンを接種しなければならなくなったのだ。お母さんは、ワクチンを接種しなければ警察官になるために学校で勉強をすることができないと彼に告げ、ワクチンを強制的に接種させるために彼をクリニックに連れて行ってしまったのだ。





 看護師は、Kumar君が泣いていることを理解し、ワクチン接種を急いで行うように、素早く注射をした。




 お父さんは、Kumar君が空手のレッスンを受けに行こうとしているときに倒れたとお母さんに電話をした。彼は嘔吐し、倒れた。お父さんは、お母さんにすぐに帰宅するように言った。そして、お父さんは、彼を病院に連れて行った。





 そして、Kumar君は、ワクチン接種後、18日後に亡くなった。しかしながら、彼の死因は分からないままとされた。





 彼を失った両親は、映像の中で訴えている。「責任を取るべき当局は何もしてくれない。回答を求める。」

「両親として、つらい思いをして自分達が訴えているただ一つの理由は、他の両親が自分達と同じように子供を失ってほしくないからだ。私達の子供の死に対して公正な取り扱いを求める。育ててきた子供がこんな風に死んでしまったことについて、公正な取り扱いを求める手助けを世間にしてほしい。」


「子供を失った親として、親である皆さんも同じような状況にならないように気を付けて欲しい。全てが疑わしい。」

「当局は、我々が従順に従っていることを利用している。当局は、義務ではないといいながら、間接的にワクチンを接種させるように我々に強制しているのだ。」





 注意して、よく情報を集めて決断して欲しい。私達が受けた苦しみを誰にも感じて欲しくない。


 両親の公開した映像(フルバージョン)




 また、マレーシアでは、ワクチンの感染予防の有効性がマイナスになっていることが判明し、問題となっている。











Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page