top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ファイザー社のワクチン接種後に、13才の少年が死亡



米国のミシガン州の少年がファイザー社のワクチンを接種後、死亡した。








 彼の名前は、Jacob Michael Clynick君。Twitterにワクチンを接種した後の彼の死についての情報が投稿された。









 CDCのコロナワクチン記録カードによると、彼は2007年8月2日生まれ、13才の少年だ。 米国では、若年層へのワクチンの接種が開始されている。





 13才の少年は、2回目のワクチン接種をしてから3日もたたないうちに亡くなってしまった。



 彼の解剖記録によると、彼の心臓は肥大し、何か液体状のものに包まれていた。心筋炎による可能性が高い。









Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page