top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチン接種義務化法案に代議士達が物理的に反抗(イタリア)





イタリアの議会で50才以上のワクチンの接種を義務化する法案の可否が問われた。



 法案に反対する代議士達は、紙を投げつけ、役員席を占領するなどの物理的な反抗を行った。












代議員の話

「我々は、政府が信認の問題を乱用することに嫌気がさし、議会の机を占拠したのである。我々は、民主主義によって定められた期限内に、非常事態の延長と50歳以上の予防接種義務に関するこの政令について、議場で議論したい。我々はあらゆる方法で、政府に議会を踏みにじらないよう求めてきた。イタリア人が自分の権利を守ることもできずに迫害されるのを防ぐには、最悪のたわごとに物理的に反抗するしかない」




参考




Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page