top of page
  • You3_JP

Jean-Michel Claverie博士は、子供のワクチン接種に抗議(フランス)






フランスのウイルス学者のJean-Michel Claverie氏は、9月6日のテレビ(Cnews)のインタビューで、

「80歳の人にワクチンを打たなくて済むように子供にワクチンを打つことは、自転車に乗らない人にヘルメットをかぶれというようなものだ」

と述べ、子供のワクチン接種に抗議した。




https://francais.rt.com/france/90344-maladie-qu-ils-ne-font-pas-virologue-insurge-contre-vaccination-des-enfants-covid-19












Jean-Michel Claverie氏によれば、子供にワクチンを打つという考えは、ワクチン接種で集団免疫に到達できるという誤った幻想を抱いていた時のことだ。既にワクチンの感染予防の有効性が限られており、ワクチン接種では集団免疫を達成できないことが分かった以上、子供にワクチンを打つ正当性はない。







 以前には、多くの人々がワクチンを接種をすることで、集団免疫を達成可能だろうという幻想に基づく思想が蔓延していた時期があった。





 フランスも例外ではなく、Alain Fischerという名の疫学者が、集団免疫に到達するために、子供にワクチンを接種させることが計算上必要である(impératif arithmétique)と誤情報を流していた。


「集団免疫を獲得するためには、12才から100才までの人口の90%にワクチンを接種しなければならない」






https://news.in-24.com/news/63268.html


 勿論、ワクチンを接種しても、感染が止まる訳ではなく、ワクチンの接種者は、依然として、ワクチンの未接種者と同様に他人にウィルスを感染させることが判明している。


 Jean-Michel Claverie氏は、インタビューにおいて、Alain Fischerという名の疫学者が、このような誤情報を流したことに「ショックを受けた」と述べている。

 今では、子供にワクチンを接種すれば感染が収束するなどということは誤りであることがスイスやイスラエルの例からも判明し、ワクチンを打とうが打つまいが、感染は発生し、他人に感染させる、つまり「誰でも感染する」ということが、世界の学者の共通認識となっている。



 Jean-Michel Claverie氏は次のように述べている


・このウィルスには、まだ完全には解明されていない病原体保有動物が存在する


 これは、感染経路は必ずしも人間だけでなく、他の動物が感染経路となることがあり得るという意味だろう。要するに、例え、ワクチンに効果が多少あって人間による感染を減少させたとしても、他の動物を介して感染するようなことが発生するのであれば、感染を根本的に減少させることはできないということだ。もとも