インドで最も裕福な男性が工場を改造し、全国のCOVID患者の10人に1人に無料の酸素を提供

翻訳: Google

インドがCOVID-19の前例のない新しい波に取り組んでいるとき、国の主要企業の1つは、困っている人々に無料の酸素を届けるために24時間体制で取り組んでいます。

伝統的に、リライアンスインダストリーズは医療グレードの液体酸素のメーカーではありません。しかし、パンデミックが発生してから1年以上が経ち、インドで最も裕福な男性であるムケシュアンバニが所有する同社は、2020年3月以来、55,000トンを超える医療グレードの液体酸素を人々に供給し、単一の場所から国内最大の生産者になりました。 。

リライアンスは、ジャムナガルやその他の施設にある製油所兼石油化学コンビナートで、1日あたり1000トン以上の医療グレードの液体酸素を生産しています。これはインドの総生産量の11%以上であり、全国の救命治療。


「インドはCOVID-19パンデミックの新たな波と戦うため、すべての命を救うことほど重要なことはありません」とムケシュアンバニ会長は声明で述べています。


高純度の医療グレードの酸素の生産への切り替えは、リライアンスのエンジニアにとってそれほど難しいことではありませんでした。主要施設は、精製および石油化学グレードの酸素用にすでに設計されています。


とはいえ、医療グレードの酸素は、-183°Cでほぼ99.5%の純度で液体の形で製造する必要があり、製造と最大トン数に並外れた課題とリスクをもたらします。


「私は、この新しい課題に対処するために、愛国心が強い切迫感を持って精力的に取り組んできたジャムナガルのエンジニアを誇りに思っています…[彼らは]その機会に立ち上がって、インドが最も必要とするときに提供しました」とアンバニ彼のスタッフは現在、毎日10万人以上のCOVID-19患者に即時の救済をもたらしています


Source : www.goodnewsnetwork.org/

酒類販売管理者標識 (2).png