フランスは、屋外でのマスク着用義務を廃止





 フランスは、屋外でのマスク着用義務を廃止する。20日からは夜間外出禁止令も解除。






大手紙Le Mondeの記事によると、


「フランスは、ベルギー等の欧州諸国の例に従ってマスクの着用を解除していく。ドイツやスペインもマスクの着用義務を解除していく方向にある。」





 現在のところ、フランスでは、25.4%の人口がワクチンを2回接種している。フランスでは、ワクチンの接種を拒む人が多い。つまり、ワクチン接種の普及により感染が収束し、マスクの着用義務が必要なくなったのではなく、当局も、屋外のマスク着用に意味がないということを認めたということだ。