top of page
  • 執筆者の写真Thomas

冬のTシャツの選び方



メンズ冬のTシャツガイド:見分け方、選び方。


一見、Tシャツというと、春夏シーズンのためのもので、冬にTシャツということを想像することは難しい方もいるかもしれません。ですが、そういうわけでもなく、Tシャツは、寒い季節でもその良さを失わずに着ることができます。そのためには、Tシャツの選ぶ方がポイントです。


今回は、良い冬のTシャツの選び方について、生地や特徴をご紹介したいと思います。


 

冬用Tシャツの見分け方


寒い季節にぴったりのTシャツを選ぶためには、2つのポイントがあります。それは生地とスタイルです。


生地についての具体的な特徴はこちらです。


・天然素材であること(大体の場合はコットンが使用されている)。

・厚手の生地で保温性があり、通気性があること。

・丈夫で耐久性のある素材であること(冬の衣服はこの点をしっかりと押さえることが大切)。

・1平方メートルあたりのグラム数が多いこと。


スタイルについて考慮すべき要素はこちらです。


・秋らしいダークな色。

・柄については無地でも柄物でも良い。




冬のTシャツに適した生地


夏のTシャツで最も重要なことは、通気性です。一方、冬は、通気性を保ちつつ、暖かく過ごせることです。これは不可能なことでだと思いますか?実際、天然素材(ウール、コットン、カシミアなど)は、合成素材とは異なり、このような特性を持っているのです。


通気性の悪い素材は、汗を外に逃がすことができず、生地と肌の間に閉じ込められてしまいます。細菌や悪臭が発生しやすくなるだけでなく、濡れたままでは風邪をひいてしまうこともあるので、生地の素材はTシャツ選びをする上で大事なポイントです。



また、メンズTシャツの1平方メートルあたりの重量に注目する必要があります。これは、実際には生地の厚さと重さに相当する部分で、この重量が重ければ重いほど、Tシャツは暖かくなります。具体的には、夏のTシャツは150~190g/m²を目安に、冬は190gを超えるものをお勧めします。また、重量が重いということは、暖かいだけでなく、時間の経過とともに優れた耐久性を保証することを意味します。実際、Tシャツは厚みがあるので、すぐに擦り切れることはありません。


もしあなたが重ね着をするのが好きなら、重量が重すぎないものを選びましょう。そうすることで、暑すぎたり、服の中で窮屈に感じたりすることを防ぐことができます。逆に、数枚しか着ないつもりなら、300g/m²以上など、厚い生地を選ぶようにしましょう。


他のサイトでは、品質の高いTシャツの見分け方が紹介されています。



Bethyself Shop


校正Erika

 

Follow Thomas




Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page