top of page

キャロット・グラブラックス



ヴィーガングラブラックス


今回はとても作り方がシンプルなのに、美味しいキャロット・グラブラックスをご紹介します。


ヴィーガンのグラブラックスというと、意外で、不釣り合いに思う方もいるかもしれませんが、私は簡単に作れるヴィーガン使用のグラブラックスを作ってみました。


トラディショナルなグラブラックスにはサーモンを使用しますが、ヴィーガン使用でグラブラックなんて本当に作れるの?と思う方もいるかもしれません。


しかし、先入観を捨て、好奇心旺盛な私は、グラブラックスのスペシャリストに会いに、スウェーデンへ(といってもバーチャルですが…)出かけていきましたよ…!



ヴィーガンサーモン!?なんて面白いアイデアなんだ。くだらない。インポッシブルなど......要するに、私には合わない。



そして、これは北欧の料理ですが、北欧でも、ヴィーガングラブラックスのレシピを見つけることができました。


そこで、私はキャロットグラブラックス(ヴィーガンキャロットロックスとも呼ばれる)を試してみることにしました。


スモークサーモンのスペシャリストたちが、ヴィーガンのレシピを作り上げたのなら、それを試してみようと思ったのです。


そして、驚くことに、キャロットグラヴラックスは本当にスモークサーモンのようにできたのです!ヴィーガンの宣伝をしているわけではないのですが、本当に…。ただ、私の経験を皆さんにお伝えしたく今回記事でご紹介しようと思いました。


ところで、私のことをご存知の方なら、私が動物性食品の代用品でのような食べ物にあまり興味がないことをご存知でしょう。しかし、これは代用品ではなく、サーモンに見立てたわけではなく、ただニンジンを調理しただけのものなので、驚きなんですよね。



伝統的なグラブラックスのように


伝統的なグラブラックスとヴィーガンとを比較してみると、キャロットグラヴラックスはスモークサーモンと同じ可愛らしい色合いをしています。


ニンジンをレモン汁に漬け込むことで、オレンジ色が柔らかくなり、塩気のあるオレンジ色に変化します。


そして、食感について。


意外なことにキャロット・グラブラックスは、マリネされたスモークサーモンと同じ食感を持っているのです。



ここでもまた、レモン汁が重要な役割を担っていて、調理時の酸味で、サーモンと同じようにニンジンの身が柔らかくなるのです。しかし、ヴィーガングラブラックスをこのように作り上げるためには、長い時間マリネをしておくことが必要です。


私ヴィーガングラブラックスを好み、何度も作り、リメイクをしてきた結果、私が作るヴィーガングラブラックスでは少なくも2日間マリネしておくようにしています。



これまで、伝統的なグラブラックスとヴィーガンとの比較をしてきましたが、では、味の方はどうでしょう?


もし食べてみて、スモークサーモンと見間違えるようなことなら、その差はやはり微々たるものと言えるでしょう。


このレシピで使用するリキッドスモークとディルは、ヴィーガングラブラックスにスモークサーモンの香りと味わいを与えてくれます。さらにマリンな風味を楽しみたい場合は、海藻を加えるとよいでしょう。


私のキャロットグラビアのレシピを調理していただければわかりますが、スモークサーモンにとてもよく似ています。


ヴィーガンのキャロットロックスと同様、ブリニに乗せて、乳酸発酵させた豆乳クリームと一緒に食べると最高です。


それでは、ヴィーガンスモークサーモンの作り方をご紹介します。


ヴィーガン仕様にしたことで、グラグラブラックスヴラクスは軽くて本当にヘルシーな料理としていただけますよ。



ブログで紹介されたスカンジナビア


ヒュッゲ:幸せを引き寄せる世界でも類を見ないデンマークの生き方。

北欧の黒パン:スモーブローのヴィーガン。美味しいスイーツです。

ロドコール:デンマークの赤キャベツ

グーレアルター:スプリットピーのスープ



キャロット・グラブラックス(4人分)


準備時間:20分

マリネの時間:理想的には48時間


【キャロット・グラブラックスの材料】


・にんじん:大3本

・タマリンド:大さじ3

・液体スモーク:小さじ1.5

・オリーブオイル:大さじ4

・ローリエ:1枚

・ピンクベリー:小さじ1

・レモン汁:大さじ4

・ディル:小1束(または乾燥ディル大さじ1杯)

・海苔フレーク(オプション):小さじ1



【ヴィーガン・グラブラックスの作り方】


(1)にんじんグラブラックスを食べる前に2日待てない場合は、マリネする前ににんじんを少し加熱することがお勧め。そのためには、スライスしたニンジンを5分間蒸し焼きにするか、ホールのニンジンをオーブンで約20分間加熱してからカットしておく。

(2)上記のように調理せずにキャロット・グラブラックスを作る場合は、ニンジンの皮を剥き、水洗いして乾燥させておく。その後、縦に約2mmの薄切りにする。ピーラーを使えば、より細いグラブラックスを作ることができる。

(3)ボウルに、タマリンド、リキッドスモーク、オリーブオイル、レモン汁を入れ、液体を泡立てて混ぜる。甘みを加えたい場合は、お好みでメープルシロップや砂糖を加えてもよい。

(4)ピンクベリーを乳棒で砕き、海苔(オプション)と一緒に液体に混ぜる。ディルの半量を取り除き、非常に細かく刻んでボウルに加える。

(5)浅い皿にニンジンのスライスを並べ、マリネ液をかける。ヴィーガングラブラックスによく塗り、ラップをかける。可能であれば48時間ほどマリネしておくことがおすすめ。

(6)マリネをして寝かせておく間に、時々、キャロットグラブラックスをかけて味付けを調整する。ハーブソルトやレモン汁、タマリンドなどを加えてもいいでしょう。自分の好みで調整する。

(7)寝かせ終わり、食べる際になったら、残りのディルを刻み、トッピングに乗せる。


いかがでしたでしょうか?簡単にできるヘルシーで美味しいキャロットグラブラックス。皆さんもぜひ試してみてくださいね。


(この記事にはアフィリエイトリンクが含まれています。これらのリンクを経由して購入された場合、私は少額の手数料を受け取りますが、お客様に追加費用はかかりません。アマンド・エ・バジリックを応援していただきありがとうございます。)



校正Erika

 

Follow Clémentine







コメント


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page