top of page
  • You3_JP

科学者達は、マスク義務化は子供のIQ低下と関連していると警告




 科学者達は、マスクの義務化は子供のIQ低下と関連していると警告している。






 例えば、小児精神科医であるマークマクドナルド博士は、



https://www.markmcdonaldmd.com/


ブラウン大学の論文を引用し、不要なマスク、隔離政策により、パンデミック中に生まれた子供達のIQが「20ポイント」も低下したと説明している。







ブラウン大学の論文




 ブラウン大学の研究者チームによると、パンデミック中に生まれた子供は、パンデミック前に生まれた子供と比較して、言語、運動、および全体的な認知能力が大幅に低下していることが分かった。




論文の要約(DeepL翻訳を使用)

 2020年に新型コロナウイルスが初めて報告されて以来、公衆衛生機関はウイルスを制限するための予防政策を提唱し、企業、保育園、学校、遊び場を閉鎖し、子どもの学習や一般的な活動を制限する自宅待機命令などを行った。また、感染や失業への不安は保護者のストレスとなり、在宅勤務が可能な保護者は、仕事ときめ細かな保育の両立が困難となった。また、妊娠中の人は、妊婦健診を受けることへの不安により、母親のストレス、不安、うつ病が増加した。これらの要因に加え、教育機会の喪失、他の子供との交流・刺激・創造的な遊びの減少が、子供の神経発達にどのような影響を与えるかが懸念されているのは当然である。子どもの神経発達に関する大規模な縦断研究を活用し、2020年と2021年の一般的な小児認知スコアを、その前の10年間である2011年から2019年と比較して検討した。その結果、パンデミック時に生まれた子供は、パンデミック前に生まれた子供と比較して、言語能力、運動能力、総合的な認知能力が著しく低下していることが分かった。さらに、男性や社会経済的に下位ある家庭の子どもたちが最も影響を受けていることが分かつた。コロナに感染しなくとも、コロナのパンデミックに伴う環境変化が乳幼児の発達に有意かつ負の影響を与えていることが浮き彫りになった。


本論文によれば、「パンデミック時に生まれた子供は、パンデミック前に生まれた子供と比較して、言語能力、運動能力、総合的な認知能力が著しく低下している」

そして、本論文は、「マスクを公共の場、学校や保育園で着用することで、様々な早期発達のスキルに影響を与える可能性がある。」と説明している。

"masks worn in public settings and in school or daycare settings may impact a range of early developing skills,

such as attachment, facial processing, and socioemotional processing."




 また、オックスフォード大学のエビデンスに基づく医学センターの所長であるカールヘネガン教授は、パンデミックのコロナ規制と「子供達に植え付けた恐れ」が多くの子供たちに悲惨な心理的問題を引き起こし、子供達おそらく一生背負い続けなければならないだろうと指摘している。ヘネガン教授は、子供達にとって、コロナは実はとても安全な病気であり、子供達がコロナについて心配するべきではないと警告している。






https://thecovidworld.com/masks-purposely-being-forced-on-children-to-dumb-them-down-by-depriving-their-brains-of-oxygen/