top of page
  • You3_JP

Robert Malone博士からのメッセージ(皆さんのお子さんにワクチンを接種する前に)













 私の名前はRobert Maloneです。親として、祖父として、医師として、そして科学者として、皆様にお話しさせて頂きます。私は、通常、準備したスピーチを読み上げることはしないのですが、今回はとても重要なことなので、一言一句、科学的事実を正確に伝えたいと思います。

 ワクチンの研究開発に携わってきた経験に基づいてご説明を致します。

 私はコロナワクチンを接種していますし、一般的には、ワクチン接種に賛成です。私は、感染症を予防/治療するための安全で効果的な方法を開発することに全キャリアを捧げてきました。

 この後のご説明をお友達やご家族と共有してください。

 自分の子供にワクチンを接種するという取り返しのつかない決断をする前に、私が生み出したmRNAワクチン技術に基づくこの遺伝子ワクチンについて、科学的事実を知っていただきたいと思います。


 親が理解しなければならない問題が3つあります。


 第一に、ウイルス性の遺伝子がお子さんの細胞に注入されることです。この遺伝子は、お子さんの体に有毒なスパイクタンパク質を作らせるのです。これらのタンパク質はしばしば、子供の重要な臓器に永久的な損傷を与えます。

・脳と神経系

・心臓や血管(血栓を発生させることもあります)

・生殖器系

・このワクチンは免疫系を根本的に変化させる可能性があります。

 これに関して最も憂慮すべき点は、これらのダメージが一度発生すると修復不可能であるということです。

・脳内の病変は治せません。

・心臓の組織の傷跡は修復できません

・遺伝的にリセットされた免疫系を修復することはできません

・このワクチンは生殖障害を引き起こす可能性があり、皆さんの家族に影響を与える可能性があります


 第二に皆さんが理解すべきことは、この斬新な技術には十分なテストが行われていないという事実です。

・リスクを本当に理解するためには、少なくとも5年間のテスト/研究が必要です

・新薬の害やリスクは、何年も経ってから明らかになることが多いのです

 自分の子供を、人類史上最も過激な医療実験に参加させたいかどうか、自分に問いかけてみてください。


 最後にもう一点ですが、子供にワクチンを接種するようにと説明されている理由は嘘です。

・皆さんのお子さんは、両親や祖父母にとって危険な存在ではありません

・実は逆なのです。コロナに感染後のお子さんの免疫は、この疫病から世界を救わないまでも、皆さんの家族を救うために重要なのです

 要約すると、ワクチンの健康上の既知のリスクがあり、このリスクには、皆さんが親として、そして、皆さんのお子さんが一生付き合っていかなくてはならないことを考えると、皆さんのお子さんや皆さんの家族にとって、ウイルスのちっぽけなリスクを気にしてワクチンを接種するメリットはありません。


 リスクとベネフィットの分析が全くできていないのです。


 親として、祖父として、私が皆さんにお勧めするのは、子供達を守るために抵抗し、闘うことです。


 Robert Malone博士は、mRNA技術の発明者である。Malone博士のメッセージは、ワシントン州で世界コロナサミットが行われた際に届けられた。











フル動画


https://globalcovidsummit.org/news/live-stream-event-physicians-alerting-parents