パリの行政裁判所は、屋外でのマスク着用義務を停止




 パリでは、オミクロン株の感染拡大に伴い、12月31日より屋外のマスク着用義務が警察によって課されていた。

 パリの行政裁判所はマスク着用義務を不適切と判断し、この措置を停止する決定を行った。

 裁判所は、マスク義務を停止する要請が緊急であると判断し、その理由として、「屋外でのマスク着用による身体/呼吸の制約」と「マスクの着用義務がもたらすコミュニケーションや社会生活の障害」を挙げている。




参考

https://www.leparisien.fr/video/video-obligation-du-masque-en-exterieur-suspendue-on-est-perdus-disent-des-parisiens-contents-mais-pas-au-courant-14-01-2022-WHYW5XAYSVCADLPDRGBETVQL3Y.php


https://www.leparisien.fr/paris-75/paris-lobligation-du-port-du-masque-en-exterieur-suspendue-par-la-justice-13-01-2022-MREP2OGTMNCKNJFMFFAXMXOZ2A.php





酒類販売管理者標識 (2).png