top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

オランダ警察の市民に対する暴力が深刻

更新日:2022年1月8日




 1月2日、オランダのアムステルダムでは、コロナ規制とロックダウンに反対して、自由を奪われた市民達による大規模な抗議活動が行われた。集会は禁止されていたが、2万5千人が参加したと推定されている。






 そのような中、アムステルダムの警察が公衆の面前で堂々と市民に暴力を行っている映像が届けられた。警察は獰猛な狂犬をコロナ規制に反対する市民にけしかけ、警棒で殴打するという人権侵害を行っている。







 獰猛な狂犬に咬まれた男性は、少なくとも腕に深刻なダメージを負った。


















 さらに、警察は、高齢の男性を容赦なく警棒で殴打している。男性は苦しそうに路上に倒れた。












 このような警察の蛮行がオランダでは、日常的に発生している。




 そこで、勇気を持った退役軍人が人間の盾となり、高齢の弱い市民達に非道警察が蛮行を働くことを防ぐようになった。







 そして、このような警察の暴力にも屈することなく、市民達は、団結して集まり続け、警察と対決した。



そして市民の数は、警察の部隊の数を遥かに圧倒するようになった。






もうこの数になれば警察は簡単には市民に暴力を振るうことはできない。








 そして、市民達は、自由を守るための集会を行っている。今後、市民達の団結により、全てが上手くいくだろう。自由を取り戻すのも目前だ。











Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page