top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

16才の美少女がファイザー社のワクチン接種後に亡くなる(フランス)





 フランスの16才の女の子Sofia Benhariraさんがファイザー社の2回目のワクチンを9月14日に接種し、その7日後の9月21日に亡くなった。彼女は2回の心臓発作を起こし、解剖の結果、血栓を発症していた。彼女は、南フランスの片田舎エクス・アン・プロヴァンス(Aix-en-Provence)にある高校(Lycée Valabre de Luynes-Gardanne (13)) の生徒だった。





https://www.bitchute.com/video/49FsFxawGSyk/








 



彼女の悲報後、葬儀の知らせが告知され、





葬儀が執り行われた。多くの人が参列した。








 彼女の死により、彼女が通っていた高校は2日間休校となった。







 もう少し詳しくこの話を見てみよう。彼女には、9月14日にファイザー社のワクチンを接種した直後にいくつかの症状が出た。9月20日、彼女は登校中に激しい不快感に襲われ、病院に搬送された。その翌日、9月21日早朝に心臓発作を起こし、6時にエクス・アン・プロヴァンスの総合病院で亡くなった。彼女の死は、血栓症によるものだった。彼女の家族は、健康な女の子の突然の死についての答えを求めている。彼女がコロナのワクチンを受けようと思ったのは、フランスでワクチンを接種していないと制限されてしまう活動に参加するためだった。



叔母さんの証言

「悲しみは大きい。 ソフィアは生き生きとしていて、看護師になりたいと思っていました。彼女は学校の最終学年にいましたが、残念ながら私たちのもとを去りました。月曜日の朝、学校に行っているときに、彼女は違和感を感じました。学校は消防署に連絡し、彼女をエクス・アン・プロヴァンスの病院に運びました。彼女は心臓発作を起こし、火曜日の朝6時に亡くなりました。

 健康な17才の少女が突然死んでしまったので、私たち家族は検死を依頼しました。でも、私のソフィアは病気ではありませんでした。解剖の結果、彼女には原因不明の大量の肺塞栓症があることが判明しました。これ以上は言えません。わからないのです。これは検察官が言ったことです。今のところはこのままにしておきますが、この肺血栓症の原因を見つけるまで調査を続けます。以上が私の言いたいことです。また、親御さんは小さなお子さんに気をつけてあげてください。私たちに起こったことですし、実際に起こったことです。誰にでも起こりうることです。親御さん、お子さんを大切にしてください。注意して、考えてみて下さい。それが私の言いたいことの全てです。」






 この情報は、フランスの小児保健協会(Collectif Réinfocovid IDF)によって確認された。小児保健協会は、健康な若者の突然の死に対して、医療関係者、保護者の会、弁護士などのネットワークに警告を発した。「私たちはショックを受けています。彼女の名前はソフィア」







 最近ではイタリアで14才の少女がファイザー社のワクチンを接種後に亡くなった。







https://www.profession-gendarme.com/italie-le-procureur-inculpe-trois-medecins-dont-celui-qui-a-fait-la-deuxieme-injection/comment-page-1/




 世界中で健康な青少年がワクチン接種後に亡くなるという非劇的な出来事が度々発生している。







Comentários


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page