top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチンパスポートに反対するイタリアの市民の大規模な抗議活動






 イタリアは、10月15日より、労働者にワクチンパスポート提示を求める。結果として、ワクチンパスポートを持たない労働者は就労できなくなる。








https://www.bbc.com/japanese/58592644



 就労の権利は、市民達が生きるために必要な権利である。ローマでワクチンパスポートに反対する非常に大規模なデモが行われた。市民達は、政府の理不尽な横暴に大して反対の声を上げ、首相の退陣を求めた。





 ローマのポポロ広場での抗議活動には、10万人程度の市民が集まったと推定されている。










ポポロ広場は、16000㎡の広さで6万5千人を収容可能とされているが、人々の密集度は高く、広場に入れきれないほどの多くの人が集まっている。










 勿論、イタリアでのこのような抗議活動は、ローマだけで行われているのではなく、ミラノ等他の都市でも行われている。











 ワクチンパスポートの提示義務により、労働者の就労が不可能になる。激怒した市民達の中には、そのような政策を支持するイタリアの労働組合の本部を襲撃した者もいた。



















 警察と市民達の間の緊張が高まり、







 その一方で、警察が平和的な活動を行っている市民達を暴力によって弾圧するというという出来事も多数発生した。








 結果として、激怒した市民達と警察との抗争が激化し、戦争状態になる兆しが表れ始めている。




 ワクチンパスポートは差別を生み出しただけでなく、暴力による社会不安を生み出した。






酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page