top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

イスラエルの首相官邸の前で数千人の市民達が抗議




 ワクチン先進国のイスラエルでは、ベネット首相官邸前に数千人の市民達が集結し、政府によるワクチン接種の強制と、人権の剥奪に抗議した。





 市民に対し、警察は残忍かつ暴虐的な対応を行っている。





 イスラエルでは、4回目のワクチン接種が開始されている。イスラエルの国民は、ワクチンを2回以上接種していても、速やかにワクチンを追加接種していかなければワクチンの未接種者として扱われ、権利を制限されてしまう。現時点で国民の45%しかワクチンパスポートを持っていない。











 このような中で、イスラエルでは、ワクチンパスポート、ワクチン接種の強制に反対する市民が増える一方である。







抗議デモの規模は、当局にとって都合の悪い活動の報道に消極的な大手のメディアがその状況を報道しなければならなくなるほどにまで拡大した。







 イスラエルでは、理不尽なコロナ規制を強行的に導入し、ワクチンを利用して市民の権利を剥奪しているため、市民の抗議活動の規模は高まる一方である。それにもかかわらず、このような市民の抗議を当局は無視している。そして、警察が人権を軽視するようになり、非人道的な方法での市民を取り締まりが常態化するようになってしまった。









 イスラエルは、市民の暴虐的な取り締まりを行うだけでなく、ワクチン接種を推進するために、学校において、恐怖に基づいた洗脳教育を提供することによって子供達の奴隷化を図っている。







Commentaires


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page