top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチン接種義務に反対して暴動が発生(仏領グアドループ)



 ワクチン接種義化、ワクチンパスポートを推進するワクチン政策は、ついに世界に暴動を引き起こすようになってしまった。




 皆さんは、カリブ海にグアドループ(Guadelope)という名の島があることは知っていますかな?自分は知らなかったので、調べたのだけど、この島はフランスの海外県、海外の領土である。フランスには、植民地時代の遺産として、海外県が幾つかある。








 グアドループは、カリブ海の島であり、一見、平和そうな観光地であるように見える。

しかしながら、このグアドループでは、少し前より、マクロン大統領によるコロナ政策を強行するためのコロナ法に反対する市民運動が活発化していて、情勢が悪化している。





 市民達は、自由を求めて団結している。



そして、住民達は、ワクチンの接種義務化に反対する労働組合員を支援している。


「グアドループは危機に瀕している。抵抗しなければならない。国を救い、私たちの自由を手に入れましょう!」






 このデモは、ワクチンの義務化に反対するものである。


「私たちの70~75%がワクチンを接種していません。」


「ワクチンの接種義務にNO!ワクチンパスポートにNO!」






多くの道路が封鎖されている。











 ワクチンの強制接種に対する労働者の組合がゼネストを行い、島は完全に麻痺した。



 当局は、放水などを使って抗議者を鎮圧しようとした。



警察は、非道な暴力に訴えて抗議者を鎮圧しようともした。



 市民達は、ワクチンを推進する当局の指揮下にある武装警察によって犬のように扱われた。



警察は、市民達と全面戦争を行うべく、装甲車を配備した。



 しかしながら、暴力、武力による市民達の鎮圧は現状ではうまくいっていないようだ。抗議活動は活発化し、車両や建物が炎上するなど、大きな暴動が発生している。







道路の封鎖は、島の環境、そして経済的、社会的に大きな悪影響をもたらし、




ワクチンパスポートとワクチンの接種義務に反対する運動によっても多くの障害が発生している。 



















 ワクチンパスポート、ワクチン接種義務化は、なんら健康対策になっているものではなくことは明らかだ。単に、市民の自由を剥奪し、差別を生み出しているだけである。このような誤ったコロナ政策は、世界に混乱を生じさせている。暴動は、グアドループだけでなく、最近では、デンマークでも発生している。

















Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page