top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ベトナムは国民にワクチンを接種開始後、感染者が大量発生。ゼロコロナを断念し、ウィルスとの共生を模索







 かつてベトナムは、コロナの封じ込めの優等生と言われており、ゼロコロナを達成したと言われていた。




 そして、今年の初めには、コロナを封じ込めていると信じていたベトナムの国民は、マスクを着用せずに全く平常の生活を営んでいた。



 ところが、国民に対するワクチンの接種が開始された結果、ワクチンの免疫を回避するような強い選択圧がかかり、コロナの流行株の中で、強い感染力を有する新変異株が占める割合が高まった。






 ベトナムの場合は、国民全体のワクチンの接種率は低いままといえるが、ワクチンを接種済の医療従事者の中で変異が加速し、その変異した新変異株の感染が一気に広がった。




 かつてベトナムは、本当の実態は不明であるものの、一応は、コロナウィルスを封じ込めているとされていた。ところが、ワクチンの接種開始後、途端に感染者は急増し、死者も急増してしまったことになる。なんとも皮肉なことであろうか。






 ワクチンの接種を国民に開始した後、死者が急増したのはタイも同じである。




 新変異株によって感染が猛烈な勢いで広がったが、それでも、ゼロコロナの夢を捨てきれなかったベトナムでは、厳格なロックダウンを行った。YouTubeにベトナムのロックダウン中の様子を移した映像がアップロードされている。街の中にある通りも商店も静まり返り、人の姿を見ることが無い。















 ベトナムは、長い間、ゼロコロナ政策を採用し、ほとんど感染者がいないとされていたため、国民は、身近な感染者を知ることができなかった。さらに、国民は語学力がなく、海外の情勢に疎い。つまり、国民は、コロナウィルスの実態をほとんど把握できておらず、依然として、コロナウィルスが殺人ウィルスであり、助かったとしても、重い後遺症が発生するというような誤った認識を持っている。また、このようなゼロコロナ政策を採用している国では、その有害な思想を正当化するために、国民にコロナが恐ろしいウィルスであるということを信じさせるような思想統制を行っている。

 そのような状況下で、ベトナムの国民は、バスに乗るのにも大げさな恰好をしたり、当局も過剰反応をして、ロックダウンをするのに軍隊を用いたりしていた。

 




 既に世界では数十億の人間が感染済であると推定されている。そのような状況に鑑みれば、ゼロコロナは机上の空論であり、コロナの感染者が全くいないという国はあり得るはずはない。

 もともとコロナウィルスは、寿命に近い者にしか影響を与えず、ほとんどの人にとっては、気にしなければわからないような疫病である。ゼロコロナを達成していると言われた国々では、単に、検査を控えてコロナを気にしないようにすることにより、感染者の存在を積極的に見つけないようにしていただけである。公式には、感染者がいないことになっていたりして、国民はそのことを信じさせられている。コロナウィルスは気にしなければわからないようなものである。コロナを気にしないようにする、という点については賛同できる。

 ところが、ゼロコロナ政策を採用している国では、ひとたび感染者の存在が発覚してしまうと、コロナが国内に存在しないということを国民に信じさせるために、当局が異常な対応をとる傾向にある。


 例えば、中国では、少数の感染者が見つかったときに全住民を検査してみたり、




 濃厚接触者を強制収容施設に隔離したり、


 国外に出る国民に過度な防護服を着用させたりしている。



 ゼロコロナ思想は、コロナの脅威を極端に高く見積もっているという特徴があり、本来のウィルスの実態とかけ離れた有害な思想である。この思想は、台湾、オーストラリア、ニュージーランドに蔓延している。例えば、ゼロコロナを達成したと言われていた台湾では、PCR検査で使用するCt値を低く設定することにより、感染力のある感染者のみを感染者とし、感染力のない健康な人は感染していても無視し、気にしないようにしていた。この点はコロナ対応として問題はなく、評価できる。しかしながら、結果として、コロナの感染者が少ない割には死者が多く、見掛け上、コロナのCFR致死率がとても高くなっている(4.68%)。勿論、CFR致死率が高いからといって危険なウィルスであるということにはならないが、CFR致死率の意味を知らない台湾人は、コロナウィルスを殺人ウィルスであると信じているようだ。





 このようなことから、台湾では、日本から贈与されたアストラゼネカ社のワクチンを国民が接種した後に非常に沢山の死者が発したのにも関わらず、





 多くの台湾人は、コロナウィルスを極端に恐れるあまり、ワクチンについては、あまり危機意識を持っていない。





 また、オーストラリアやニュージーランドでも、コロナの脅威を極端に高く見積もっているため、一度感染者が発生すると、常軌を逸した過剰な対策が採用されてしまう。






 そして、話をもとに戻すと、ベトナムではゼロコロナを希求して奇妙なロックダウンが続けられていたのであるが・・・






 ロックダウンによって、感染者の勢いは止まらなかった。




 そして、ベトナムの当局は、ついに、今になってゼロコロナ政策を採用していたことの過ちに気が付きはじめたようである。





 ロイターは、以下のように報じている。


・ ベトナムのコロナウイルスの震源地であるホーチミン市は、住民を自宅に閉じ込めるロックダウンを行っているが、9月15日から経済活動を再開することを検討しており、ゼロコロナ戦略からウイルスと共存する方針へと移行している。


・ホーチミン市だけでも、241,110人のコロナウイルス感染者と9,974人の死亡者を記録しており、これは国内の感染者の半分、死亡者の80%に相当する。

・これらの被害の大部分はここ数ヶ月の間に発生したものであり、成功を継続できるだろうという期待は打ち砕かれた。

・長期間のロックダウンや隔離に頼ることはできない


 つまり、ベトナムはロックダウンが役に立たない、何の解決にもならないことに気が付いた。ここでようやく、有害なゼロコロナ思想を採用する国のドラマがまた一つ幕を閉じたのであるが、ゼロコロナ思想に長い間浸されたベトナムの国民がコロナとの共生を簡単に受け入れるかどうかはわからない。そのリハビリにどのくらいの期間を要するのかは想像もつかない。






Kommentare


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page