ユニリーバが発売した産業用炭素排出量から作られた世界初の洗濯洗剤

翻訳:Google

このパートナーシップは、ユニリーバが2020年9月のクリーンフューチャー公約で成功を収めている1つの方法にすぎません。この公約では、多国籍企業は2030年までにクリーニングおよびランドリー製品の配合から化石燃料ベースの化学物質を排除することを望んでいます。


「このような技術の進歩は、製品の化学的性質を再発明できることを意味します」と、ユニリーバの在宅医療部門の社長であるPeter terKulveは主張します。「貴重な炭素が大気中に直接放出される代わりに、化石燃料を使用する代わりに、それを回収して製品にリサイクルすることができます。


「このような新しいイノベーションは、パフォーマンスや手頃な価格を犠牲にすることなく、象徴的なクリーニングブランドを化石燃料から遠ざけるのに役立ちます」と彼は会社の声明で付け加えまし


LanzaTechのCEOであるJenniferHolmgrenは、次のように述べています。ユニリーバとIGLと協力することで、廃炭素をチャンスに変え、化石燃料を地中に保ち、新しい循環プロセスで毎日使用する製品を製造できるようになります。」


最近の報告では、消費者製品での化石炭素の使用を段階的に廃止するには、再生可能炭素の生産を2050年までに15倍に増やす必要があると推定しています。