top of page
  • 執筆者の写真Thomas

ジャケットとパンツ:8つの着こなし方

更新日:2021年5月31日

翻訳:Nori


賢い男のドレスルームは機能的にできている。アイテムの選択は合理的にできる。


Tシャツは日曜日またはビーチ用で、ダービーとブローグはオフィスやフォーマルなイベント用に限定されます。


しかし、ジャケット(ブレザーとも呼ばれます)は、ほぼすべての用途に使用できます。カジュアルからダンディ、ヒップスターまで、男性ファッションは多様ですが、どんな場面でも使われるアイテムがありますが、ジャケットはその中の1つなのです。


就職面接、デイト、普段の日常などさまざまなシーンで使える必需品なのです。


しかし、ジャケットを上手に着こなすのはg必ずしも簡単ではなく、着こなし方を選ぶのに時間がかかる場合があります。出社前の貴重な時間をこのためにだらだらと費やすのはもったいない。


そこで、ジャケットとパンツの8 つ の ス タ イ リ ッ シ ュ で リ ス ク の な い 組 み 合 わ せ  をご紹介しましょう。

ダークブルーのジャケット+ベージュのチノパン

定番から始めましょう。この2つの男性的かつ洗練された色の組み合わせは、リスクを冒すことなく、スタイリッシュな男にしてくれます。


ダークブルーのジャケットでアイビーな印象に。パンツは、カジュアルなシーンにも合わせて着こなすことができますが、必ずしっかりカットされたデザインを選びましょう。



ツイードまたはウールのジャケット + ジーンズ

ポケットチーフが付いたスリーピースのスーツを着たくない日もあります。そしてもっと自然な素材、だけどしっかりと演出できるものを着こなしたいと感じる時があります。


そんな時の理想的な組み合わせは、ウールまたはツイードのジャケットとジーンズの組み合わせ。涼しい季節ではファッションのスタイルを損なうことなく暖かく過ごすのが必要ですが、そういう時は横模様のセーターがよく合います。


ディストレス・ジャケット + ジーンズまたはチノパン

ブレザーとカーディガンの快適さを組み合わせて、シルエットを際立たせるアイテムをお探しですか? ディストレス・ジャケットを選びましょう。


ディストレス・スタイルは、クラシックなジャケットほど体型を際立たせるするものではありませんが、より軽く、よりカジュアルです。ジャケットが裏地などで形を整えていないことを考慮して、逆にアンダーは体型にフィットしたカットのジーンズまたはチノパンを選びます。くれぐれも自分に合ったサイズのジャケットを見つける事が出来なかった様な印象を与えるフォーマルパンツは避けてください。よりカジュアルなパンツとディストレス・ジャケットとの組み合わせは、着こなしの一つの定番でもありますので、安心して着こなして問題はありません。


パターンジャケット+ニュートラルパンツ

パターン化されたジャケットは渋くてお洒落なイメージを演出するための素晴らしい方法です。ファッショナブルでありながら、単調でない印象を与えます。一般的なデザインパターンは、チェック(特にプリンスオブウェールズ)とストライプです。


ジャケットにはあまり視覚的に目立つパターンは必要ありません。さりげなく繊細に表現しましょう。また、パンツは、なるべく目立たないモノを選ぶと、ジャケットがよりその役割を演じるのを助けるでしょう。

緑のジャケット+青いチノパン

あなたが色を着るのが好きだけど、控えめな印象を保ちたいならば、緑と青の組み合わせはリスクがありません。それらがクロマティックサークル上で類似しているという事実に加えて、これらの2つの色合いの間には相乗効果があり、自然に組み合わされます。


ただし、これら2つの色の間の妥協点を見つける必要があります。淡い緑を選択した場合、青はより深くする必要があります。逆に、鮮やかな緑を選択した場合は、青を明るくする必要があります

淡いピンクのジャケットとニュートラルパンツ

男性がピンクを装うかどうかは本当に好みの問題です。フェミニンな色だと思う人もいれば、男性にぴったりだと感じる人もいます。


ピンクを装う理由を語るためには、この色は20世紀の初めに初めて女性的な意味合いを帯び始めただけである事を知っておきましょう。それまではピンクは情熱、強さ、そして闘争を呼び起こす色、明らかに男性的な色合いであると考えられていたのです。


今日、メンズがピンクを正しく着用すれば、夏のファッションに欠けていたパンチを与えることができます。ニュートラルパンツ(黒、グレー、白)との組み合わせが合います。



無難で安全な色系統 ‐ アースカラー

よほどお金に余裕のある方でない限り、服を買うとき慎重にアイテムを選ぶと思います。特に、他の色とうまく調和する色の選択には注意する必要があります。これは特にジャケットでは重要です。T シャツはあまり価格を気にせずに手軽に購入できますが、ブレザーの場合はそうはいきません。


アースカラー(オフホワイト、ベージュ、キャメル、カーキなど)は、相互に関係性のある色です。その系統の色でアイテムをそろえておけば、安全であるだけでなく、よりパンチの効いた色合いとも組み合わせて演出できる色系統なのです。

この記事は「青」で締めくくりましょう。これは男性ファッションの中でも卓越した色だからです。黒ほど暗くなく、灰色よりも明るいけど、両社と同じくらい扱いやすい。あなたのクローゼットには、必須の色でしょう。


だとすれば、この際、頭からつま先まで青のコンセプトを限界まで着こなしてみてはどうだろう? 組み合わせによっては、オール青系統の組み合わせはとてもスタイリッシュになります。しかし、青の色合いの混ぜ方には工夫が必要です。それは、ズボンとジャケットの色の明るさに差をつける事が重要です。この人、他に着るものがなかったんじゃない?と思われてしまうミスマッチを防ぎましょうね!


 

Follow Thomas



酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page