top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

フィンランドでは、ロックダウンが違憲と判断され、首相は、ロックダウンを行うことを取りやめた。



フィンランドの憲法委員会は、感染拡大を防ぐためロックダウンが的確でなく違憲だという判断を下した。委員会は、感染対策の対象を絞るべきであるとの見解を示した。





フィンランドの首相Sannna Marin氏は、ロックダウンを行うことを断念し、フィンランド政府はそれを発表した。






ロックダウンなどのコロナ規制は、は人々の自由を制限することであり、基本的人権を奪うことになる。このような感染対策には科学的な根拠なしに実行さており、世界各国で違憲判決が下されている。





Commenti


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page