top of page
  • You3_JP

アフガニスタンの模様



 8月半ば頃より、アフガニスタンについてのニュースが目立つようになった。現地の状況の映像がTwitterで目にはいってくる。若干の過激な映像もあるが、このサイトでは、検閲もなく安心だ。映像をあげておく。当方は今のところは、ほとんど情勢を理解していないので、詳しい説明は今のところは省略する。



8月15日

 アフガニスタンのカブールは電気が無くなる。タリバーンの戦闘機がカブールを襲撃した。ジョー・バイデンは、アフガニスタンからアメリカの外交官を避難させるために約5,000人の軍隊の配備を承認した。




 タリバンの過激派がカブールを襲撃。多くの情報筋によると、ボーイングB-52ストラトフォートレス戦略爆撃機と米空軍KC-135ストラトタンカー空中給油機がマザリシャリフに飛んで、攻撃機の移動を防ぐためにアフガニスタンで2番目に大きい空軍基地を破壊している。





 政府の崩壊のニュースを知って大勢のカブールの住民が街からの非難を開始した。






カブールの街から退去しようとする住民達が銀行に列を作る。



 タリバンは、ロシアだけでなく、他国の外交使節の安全を保障するとした。




 米国の外交官がカブールを退去



 ボーイングCH-47が米国人を退去させる



 タリバンは、その支配の拡大を発表し、暫定政府が形成され始める。元アフガニスタン内務大臣のアリ・アフマド・ジャラリが率いる。国の指導者は、カタールのタリバンの政治事務所、ムラバラダールの長になる。 新旧の体制の共存




カブール空港にいる米国第82空挺師団の兵士達





8月16日


 カブール空港の様子がおかしくなる。





タリバンが旗を立てる。




 カブール空港から脱出しようとする人々






米国の軍隊は、カブール空港の状況をコントロールしようとする。








 飛行機の機体にしがみついて退避しようとした人がいたが、離陸すると落下した。




一部の人が飛行機で退避する