top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

早くも2回目のワクチン接種が役に立たなくなり、3回目のワクチン接種が必須になる(イスラエル)







 イスラエルでは、ファイザー社のワクチンの効果がほぼ完全に衰え、3回目の接種が必須となった。


ベネット首相は、次のように述べている。

「ワクチンを2回接種した人達は、2回目のワクチンの効果が「デルタ」変異株に対して衰えているということを理解していません。守られていると勘違いして自由に歩き回ってコロナに感染して重症化して入院しています。」









 イスラエルで既にワクチンの感染予防の有効性が無くなってきていることについては以前取り上げた。








 その際、大手メディアは、重症化の予防の効果は依然として残っていると報道していたのだが、




 イスラエルでは、感染予防の有効性だけでなく、やっぱり、重症化予防さえもなくなっていることが指摘されていた。





 7月の時点で、1月にワクチンを接種した高齢者には、感染予防の有効性が16%しかないと言われていた。




そして、そのとき、実際のところ、高齢者での入院や重症化予防の有効性は70~75%だったようだ。







 8月になると、高齢者での感染予防の有効性はほぼ無くなった。




 そして、イスラエルの保健省は、重症化予防の有効性が50%台に低下したことを認めた。






 最近の研究によれば、ファイザー社のワクチンによって得られる抗体は、2~3ヵ月で半減し、半年後にはほとんどなくなってしまうことが判明している。







https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2021.08.15.21262067v2



 そして、ワクチンを2回接種した政治家もコロナに感染して重症化するようになってしまった。イスラエルは、3回目の接種を国民に促したいがために、ワクチンの2回接種者が重症化している現状を世間に公表した。



 ワクチンの2回の接種により、感染予防どころか、重症化予防すら満足にできないことが明らかになった。結果として、ニューヨークタイムズでさえ、ワクチン政策に頼ったイスラエルが失敗に終わった(崩れたワクチン一本足打法)とダメ出しをするようになってしまった。







 イスラエルでは、現状、既にワクチンの2回接種者は、ワクチンの未接種と同じような扱いになって非難されている。そして、2回目を接種して5か月経過した人は3回目のワクチン接種をするように強く促されている。








ワクチンパスポートの有効期間はとても短く、6ヵ月とされる見込みである。




https://www.mako.co.il/news-lifestyle/2021_q3/Article-19bea74e3047b71026.htm






イスラエルでは、ワクチンに関するガイドラインが二転三転している。


ワクチンを打てばマスクを外して外出できる

マスクを外せない。感染するが重症化は防げる

重症化する





 どんどんゴールポストが動かされている。






 これまでのイスラエルのワクチン戦略は、残念ながら完全に失敗したとしかいいようがないが、イスラエルは、懲りずに3回目のワクチン接種を推奨している。




 2回目のワクチン接種の有効期間は半年ほどだった。3回目のワクチン接種はどのくらいの期間有効なのかは興味深いところであるが、既に、良くない兆候が表れているようだ。3回目の接種をした60才以上の高齢者に、2790名のコロナ陽性者が発生している。









Kommentare


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page