イスラエルの首相が公式に発表 「ワクチンの有効性は著しく低い」

更新日:7月21日






 イスラエルの首相、ナフタリ・ベネット(נַפְתָּלִי בֶּנֶט)首相は、「ワクチンの有効性が著しく低い」とYoutubeの自己の公式チャンネルで発表した。









 以前の記事でイスラエルにおいてワクチンの有効性の低下が鮮明になってきていることを説明した。


https://www.bethyself.jp/post/recent_covid_situation_in_israel





 イスラエルのベネット首相がワクチンの有効性についての真実を隠し切れず、ワクチンの有効性が64%にまで低下したと発表したのはつい最近のことだ。きっとまだ皆さんは覚えていることだろう。






 その後も、イスラエルの保健省は、最近の感染者の状況についてのデータを保健省のウエブサイトで開示してしまった。これは不用意なことだった。案の定、そのデータは世界の専門家やSNSユーザなどに分析され、ワクチンの有効性についてのさらなる疑念が投げかけられた。



 例えば、イスラエルの保健省のデータによると、

・ワクチンの接種者の入院患者数は感染者数とともに上昇しているが、ワクチンの未接種者の入院患者数はあまり上昇していない







・コロナに自然感染して回復した人と比べて(再感染者72人)、 ワクチン接種者で感染した人は3千人も存在し、40倍コロナが流行しやすい







・ワクチン接種者の陽性者の人数、割合が急拡大した