• Thomas

トーマのファッションのアドバイス :2021年のトレンド

更新日:2021年4月15日

翻訳:Google

2021 年のメンズファッショントレンドに焦点を当てます。


今年が始まったばかりで、 2021 年のトレンドがどのようなものになるのか、すでに疑問に思っています。 それはそれを今発表する危険な賭けであるかもしれないが、私を信頼しなさい。 もちろん、私の分析は昨年の成功に基づいているので、少し間違っているかもしれません。 ただし、コレクションは通常 1 年前に作成されるため、実際には簡単にわかります。

始める前に、何かを明確にしたいと思います。多くの人々は、服を着ていることが最新のトレンドに追従していると考えています。 トレンドがあなたのスタイルを変えることを可能にしているなら、ドレッシングルーム全体を変える理由ではありません。 あなた自身の様式を保ち、あなたのお金を貯めなさい。


流行の一見を持つキーはあなた自身の様式を展開させるために粋な衣服のビットを加えることである。 2021 年の最もよい傾向を見つけるのを助けるために、私の予測はここにある。 どんな傾向が好み、それを適応させるか単に選ばなければならない。


SPRING-SUMMER 2021


フラワープリント

1970 年代のプリントは、過去 5 年間の最大のトレンドです。 それはより大きいサイズの印刷物が付いている今年余りに続く。 ズボン、短パン、シャツ、ジャケットなどにプリントされていても、一度に 1 つの花柄だけを着用する方がいいので、派手すぎることはありません。


わずかに大きなバミューダショートパンツ

当然、コーナーのまわりで夏と、厚いビロードかジーンを身に着けていることは選択でない。 リンデンズボンやバミューダショートパンツなど、他の多くのオプションもご利用いただけます。 ところで、確かにこれらの最も最近の多くをこの夏見る。これらのラインは最新の傾向で非常に普及している。

大きなバミューダショーツを正しく着用するには、正しい長さを選択することが重要です。 その長さは膝から 5 ~ 7 cm 上になければなりません。 設計のために、それは気取らない、優雅な衣服と身に着けられていることができる、それは sober べきである。


カジュアルなスーツ

2021 年の間に、堅い衣服は消え、よりカジュアルなシルエットは現われる。 これらの大きい衣服は実際に更新である :1980 年代および 1990 年代の傾向はもどって来る。

但し、より大きい衣服は身に着けにくい場合もある。 余りに大きいスーツは悪い質の衣服のイメージを与える。 あなたのために切口が完全であることを確かめるためにはあなたの好みの店の顧問に助けを頼みなさい。

屋外で発生

屋外の衣服は少数の年前に上限の店に、私達がやっとある部分を含んでいない方法ショーを見るポイントに入った。 すべての haute coutureの傾向として、それは最近速い方法世界に入った。 最近、パレスとアークテリクス、グッチとノースフェイスのコラボレーションが見られました。

多くのコレクションは技術的な衣服を含んでいた、従ってこの傾向は今年続くと本当らしい。


垂直ストリップ

垂直ストリップには 2 つの主要な品質があります。 まず、簡単でエレガントな印刷で、簡単に装着できます。 2 つ目は、シルエットを薄く、高くすることです。 よりスタイリッシュな外観にするには、さまざまな種類のストリップ(太く/薄く)を持つ服を着用してみてください。

ブリーチドデニム

秋のシーズンや夏の始まりと終わりにはジーンズを着ることができます。 これは、温度が 22 ~ 23 ℃を超えないことを意味します。 暗いジーンズが男性のクラシックなものであれば、天気が良い日には最高ではありません。この場合、ライトデニムが最適です。 今年、それは粋である漂白されたジーンズライトデニムジーンズでない。

キューバの襟のシャツ

これは数年前から続いており、まだトレンドが続いています。 円形および偶然の形のために確認できるキューバのつばは今年もどって来。 エレガントなスタイルとカジュアルなスタイルが見事に調和しており、スマートなショートパンツにぴったり。

TOTAL WHITE LOOK

白黒の用品類が決して傾向のレーダーを去ったら、今年総白い一見と特に挑戦的である。 それを釘でいれば、完全な様式を得る。 しかしそれがよくマッチしなければ、それは大きい失敗である注意しなさい。 成功へのキーは白の異なった陰を選ぶことである。 疑いを有したら、プルオーバーのような用品類に海軍の青を常に加えることができる : それはよいマッチ常にである。


FALL-WINTER 2021


OVERSIZE FOREVER

2021 年にはスーツだけが大きすぎるとは限りません。 落下および冬が着くとすぐ、サイズ超過のコートおよびジャケットは出ている。

この傾向の最もよいポイント : 層。 オーバーサイズの形状により、デニムジャケット、スウェットシャツ、ポロシャツなど、コートの下に重ね着を追加できます。

フリースジャケット

フリースジャケットは、アウトドアのトレンドに直結しています。 この傾向に完全に続くためには、 retro 様式のジャケットを見つける ; 単独で様式である声明のジャケットを意味する。

生地のちょうど 1 枚の羊毛の部分を身に着け、デニムまたは網のような他の質と混合しないように注意しなさい。

ベルベット

ベルベットは数年前にワードローブに戻ってきました。 それはスーツで最初に現われ、今ゆっくり偶然の衣類を征服している。コーデュロイのズボン、ジャケット、またはワイシャツを見つけることは共通今である。 その 2 つの主要なポイントは彼の暖かさおよび興味深い様式を与える質である。ラインを最も見る、より多くはワークウェアの一見を与える。

テクニカルジャケット

屋外様式の復活のもう一つの証拠。 秋と冬の季節には、雨が降ったり自転車に乗ったりするときに非常に役立つ技術的なジャケット(ショートカット)をたくさん見る準備をしてください。

市松模様

このパターンは古くはありませんが、流行が一つもありませんでした。 この冬は、ハプスターの傾向があるので、それはもどって、主として身に着けられている。 チェック模様はフランネルシャツには特に美しい。

 

Follow Thomas: https://leblogdemonsieur.com/




酒類販売管理者標識 (2).png