top of page
  • You3_JP

新しい研究結果:マスクはコロナの感染拡大防止に効果なく、むしろ有害

 米国国立衛生研究所の国立生物工学情報センター(NCBI)によって公表されたスタンフォード大学の客員研究者であるBaruch Vainshelboim博士の最近の論文において、マスクは、コロナの感染拡大防止に全く効果がなく、マスクの使用が有害であることが示された。





 Vainshelboim氏は、セント・フランシス大学の教授の経歴を持ち、 Veterans Affairs Palo Alto Health Care System(退役軍人病院)/Stanford Universityの循環器科に勤務する医師である。また、彼は、臨床運動生理学者であり、心肺リハビリテーションと運動負荷試験を専門とする健康科学者である。米国スポーツ医学会認定の登録臨床運動生理学者だ。



 彼は、”Facemasks in the COVID-19 era: A health hypothesis”と題された論文において、学者、医師、科学者などの67件の研究文献を引用して、既存の様々な研究のレビューという形で結論を導いている。



当該論文の要約

 世界の多くの国では、コロナウイルスの感染を減らすための非医薬品的な介入として、医療用および非医療用のマスクを使用している。しかしながら、マスクの有効性を裏付ける科学的根拠は乏しく、生理的、心理的、健康的な悪影響が確認されている。マスクは安全性と有効性の面で懸念があり、使用を避けるべきであるという仮説が立てられている。本論文は、コロナ時代のマスク着用に関する科学的なエビデンスを包括的にまとめ、公衆衛生と意思決定に役立つ情報を提供するものである。



本研究の結果を要約すると以下の通り。

 既存の科学的なエビデンスからは、マスクの安全性とコロナの感染拡大を防ぐための有効性が疑問視される。データに基づけば、医療用および非医療用のマスクには、コロナなどのウイルスや感染症がヒトからヒトへに感染するのを防ぐ効果がなく、マスクの使用には否定的な内容が示唆される。マスクの着用は、生理学的・心理学的に大きな悪影響を及ぼすことが実証されている。悪影響の例として、具体的には、低酸素症、高炭酸ガス血症、息切れ、アシドーシス、毒性の増加、恐怖やストレス反応の活性化、ストレスホルモンの増加、免疫抑制、疲労、頭痛、認知能力の低下、ウイルスや感染症にかかりやすくなる、慢性的なストレス、不安、抑うつなどが挙げられる。マスクの着用は、長期的には、健康状態の悪化、慢性疾患の進行、早死の原因となる。政府、政策立案者、保健機関は、マスクの着用が公衆衛生上の予防的介入であると考えられる場合には、豊富な科学的根拠に基づくアプローチ行うべきである。

The existing scientific evidences challenge the safety and efficacy of wearing facemask as preventive intervention for COVID-19. The data suggest that both medical and non-medical facemasks are ineffective to block human-to-human transmission of viral and infectious disease such SARS-CoV-2 and COVID-19, supporting against the usage of facemasks. Wearing facemasks has been demonstrated to have substantial adverse physiological and psychological effects. These include hypoxia, hypercapnia, shortness of breath, increased acidity and toxicity, activation of fear and stress response, rise in stress hormones, immunosuppression, fatigue, headaches, decline in cognitive performance, predisposition for viral and infectious illnesses, chronic stress, anxiety and depression. Long-term consequences of wearing facemask can cause health deterioration, developing and progression of chronic diseases and premature death. Governments, policy makers and health organizations should utilize prosper and scientific evidence-based approach with respect to wearing facemasks, when the latter is considered as preventive intervention for public health.

 マスクの着用により、以下の表に挙げるような様々な弊害が生じる懸念があり、長期的には、「健康状態の悪化、慢性疾患の進行、早死」の原因となる。






論文へのリンク







 本研究は、科学的なエビデンスに基づいてマスクを一般の人々が使用することを避けるべきだと警鐘を鳴らすものであり、注目度が高く、多くの記事に取り上げられている。