• You3_JP

13才の少年がファイザー社のコロナワクチンを接種して10日後に失明する(フランス)






  ファイザー社のコロナワクチンを接種した10日後に、13才の少年Yassine君が失明した。


彼は、フランスが6月15日に12才以上の未成年者へのワクチン接種を開始してから一カ月後の7月17日にワクチンを接種した。


ワクチン接種の数日後、視力障害が始まった。視界がぼやけ、10日後には完全に見えなくなってしまった。彼のケースは、コロナワクチンの接種後、未成年者が強い視力低下に見舞われたという、フランスで報告された最初のケースである。









ドキュメンタリー「Children of Freedom」の撮影中にYassine君は、「目が覚めたら目が見えなくなっていた」と語った。「ワクチンを打った直後にYassineは何も見えなくなっていました。ワクチン以外の原因はありません」と母親は言った。専門家によると、Yassine君はファイザー社のコロナワクチンに関連した角膜血栓症を患っている。


Yassine君の話

「以前は良く見えていたのに、ワクチンを接種後、見えなくなった。」






https://odysee.com/@vivreautrement:6/Un-enfant-de-13-ans-aveugle-apr%C3%A8s-linjection-anti-covid-19:b


制作中のドキュメンタリー映画『Children of Freedom』の一部。








https://thecovidworld.com/yassine-13-year-old-boy-loses-eyesight-10-days-after-receiving-the-pfizer-covid-19-vaccine-mother-seeks-answers/






酒類販売管理者標識 (2).png