• You3_JP

13才の少女がファイザー社のワクチンを接種して24時間以内に亡くなる





 イタリアの13才の少女アリアンナ(Arianna)さんが、ファイザー社の2回目のコロナワクチンを接種してから24時間以内に亡くなるという痛ましい出来事が発生した。





 アリアンナさんは、イタリアのプッリャ州レッチェ県の自治体トレプッツィに住む、バンジ科学高校の1年生だった。9月30日(木曜)の朝にワクチンを接種した。帰宅後、4時頃に体調を崩し、ヴィト・ファッツィ病院の緊急治療室に運ばれたが、医師の治療の甲斐なく、数時間後、死亡した。彼女が住むトレプッツィには、悲惨なニュースが流れ、地域全体が絶望に陥ったが、人々は、この恐ろしい悲劇に同情の声を上げた。レッチェ県の検察庁は、彼女の突然死について調査を開始する見込みである。





ギゼッペ・タウリーノ市長は、フェイスブック上で追悼の意を表した。





今後、ヴィト・ファッツィ病院のジョバンニ・セリオ院長と検視官のアルベルト・トルテッラ氏による検死が行われ、ファイザー社の2回目のワクチン投与と24時間後の突然の心停止との間に相関関係があるかどうかが明らかにされる予定である。




参考


https://thecovidworld.com/13-year-old-girl-dies-24-hours-after-receiving-her-second-pfizer-covid-19-vaccine/


https://lemediaen442.fr/arianna-13-ans-decede-moins-de-24-heures-apres-avoir-recu-sa-2e-injection-pfizer/


https://corrieredelmezzogiorno.corriere.it/bari/cronaca/21_ottobre_01/lecce-si-sente-male-il-vaccino-muore-ragazzina-13-anni-e05c01ce-22ec-11ec-950a-524c4b4a77c2.shtml


https://www.ilmeridianonews.it/2021/10/tragedia-dopo-la-seconda-dose-di-vaccino-pfizer-arianna-muore-a-soli-13-anni/









酒類販売管理者標識 (2).png