top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ファイザー社のワクチンで心停止したシンガポールの16才の少年に補償金が支払われる





 16才ティーンエイジャーがファイザー社のワクチンによる心臓発作を起こし、シンガポールの保健省から225,000ドルの補償金を受けた。



 2021年6月27日にコロナワクチンの初回接種を受けた6日後に院外心停止を起こし、集中治療を必要としていた16才の少年は、現在は入院してリハビリを受けている。


 シンガポール保健省のプレスリリースによると、医学的な調査の結果、この若者は急性重症心筋炎を発症しており、これが院外心停止の原因となった。この心筋炎は、COVID-19ワクチンに起因する重篤な有害事象である可能性が高い。



https://www.moh.gov.sg/news-highlights/details/positive-progress-for-16-year-old-who-had-an-out-of-hospital-cardiac-arrest-after-covid-19-vaccination





 保健省が提供するワクチン傷害金融支援プログラム(VIFAP)に基づき、225,000ドルの一時的な金融支援が少年とその家族に提供された。

Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page