top of page
  • 執筆者の写真Sarah

ナイアガラの滝を訪ねるためのおすすめ情報



カナダやアメリカへの旅行では、ナイアガラの滝の訪問は欠かせません。巨大で息を呑むようなナイアガラの滝は、北アメリカで最も迫力のある滝です。毎年、約1,500万人の人々が訪れ、カナダとアメリカの自然な境界線となっています。


前回のカナダ旅行では、ナイアガラの滝へのアクセスに最も便利な拠点であるトロント市から行きました。友人のエミリーと私は、ボートに乗ったり、ヘリコプターに乗ったり、急流をハイキングしたりと、様々なアクティビティを試してみました。滝の周辺は非常に都市化されており、観光客のために多くのアトラクションや設備が用意されています。このような都会的な部分もありますが、それでもこの自然の驚異の力に魅了されることでしょう。



ナイアガラの滝への行き方


滝はアメリカやカナダのどちらからも見ることができますが、最も良い景色はカナダ側にあります。ですから、カナダを旅行している人は、国境を越えなくても反対側の景色を見ることができます。一方、アメリカに旅行するのであれば、カナダ側に行ってみる価値はあると思います。カナダへの入国条件についてはこちらをご覧ください。通常、アメリカから陸路で到着する場合はパスポートで十分ですが、空路で到着する場合は電子ビザ(AVE)が必要となります。


【トロントからナイアガラの滝に行く場合】


カナダの都市は滝から130kmしか離れていません。いくつかの交通手段が用意されています。


・バスMegabus社を利用して往復することができます。所要時間は1.5~2時間で往復の料金は40ドル〜です。


・電車:毎日運行しているVia Railの定期路線を利用できます。


・レンタカー:カナダやアメリカへのドライブ旅行であれば、車で行きましょう(カナダではAuto-EuropeEuropcarのレンタカーを比較してみてください)。駐車場の値段(1日券26ドル)もおろそかにしないように気をつけてください。ここに、それぞれの駐車場の地図があります。無料のものもありますが、滝からかなり離れています。


・ツアー:多くの会社が、トロントからの往復といくつかのアクティビティを含むツアーを提供しています。自分ですべてを手配したくない場合には、この方法が良いでしょう。トロント発のオールインクルーシブツアーサイト


【おすすめ】


時間に余裕があれば、宿泊して毎晩開催されるイルミネーションや花火を楽しんだり、混雑する前の早朝に滝を見に行ったりするのもいいでしょう。特にハイシーズン(5月中旬から10月下旬)には、事前にホテルを予約しておきましょう。最も安い料金は、平日と冬場です。私がお勧めするホテルのリストは、記事の最後にまとめましたのでご覧ください。



ナイアガラの滝での楽しみ方


ナイアガラパークスのウェブサイトでは、あらゆる角度から(下から、上から、急流に沿った景色など)滝を見ることができる情報について提供しています。また、それぞれの活動の詳細なレビューなどもご覧いただけます。



ナイアガラの滝を間近で見る


・テーブルロックからの眺め:カナダ側から見られる馬蹄形の滝を見下ろす大きな展望台です。ここでは、ナイアガラ川の波がものすごいスピードで流れ落ちる様子を無料で見ることができます。また、ここはカナダからアメリカに渡るためのレインボーブリッジから徒歩で行くことができるロケーションで、観光客のための観光案内所が設置されています。クイーン・ヴィクトリア・パークを通って川沿いに1.6kmほど歩くのがいいでしょう。


・ボートツアー:見逃すのはもったいないアトラクションの一つです。ボートで滝に近づき、巨大な水の渦のど真ん中まで接近することができます。レインポンチョは用意されていますが濡れてしまうので、電子機器などは気をつけてくださいね。これは季節限定の活動で、船の運航は4月上旬から11月下旬まで。チケットを事前に予約すると、行列を避けることができます。ちなみに、カナダ側は「Hornblower」、アメリカ側は「Maid of the Mist」という2つの会社がありますが、ボートツアーの内容は同じです。



・Journey Behind the Fall:このアトラクションでは、何トンもの水が流れ落ちる滝の下部までリフトで降りていきます。濡れた地下道を歩き、最後には激流のふもとにたどり着きます。ボートの上と同じように、シャワーを浴びているような感覚になります。



・White Water Walk:これは急流に沿って歩くものです(入場料有)。リフトで降りて、激流に沿って走る木製の歩道橋を歩きます。世界で最も危険とされるクラス6(最大)の急流の波が押し寄せてくる様子はとても印象的です。



また、時間がなくて唯一できなかったアクティビティが、ナイアガラ川でのジェットボートクルーズです。屋根のあるボートとオープンボートのどちらかを選ぶことができます。後者の場合、完全に濡れてしまうので、着替えを持っていってくださいね。価格と予約はこちらから(5月~10月頃まで)。


・ナイアガラの滝の前でのティロリーントラバース:このアクティビティは私たちの旅行では利用できませんでしたが、ぜひやってみたかったですね。600mの下り坂は息を呑むほどの美しさでしょう。ティロリーントラバーズの情報と予約はこちらから。



上から見たナイアガラの滝



・ヘリコプターから見るナイアガラの滝:予算があれば(一人約100ユーロ)、最も美しい体験をぜひ。私にとっては、初めてのヘリコプターフライトで、本当に息苦しかったのですが…。滝の上を飛ぶのは、一生の思い出になるような素晴らしい体験です。フライトの予約に関する情報と価格はこちらから。


・スカイロンタワー(Skylon Tower)からのパノラマ:ヘリコプターでの飛行が予算内であれば、高さ250mのスカイロンタワーの展望台から滝を見るプランもおすすめです。レストランでお酒や食事をすることもできますよ(その場合、登りは無料です)。


・ちょっとがっかりした2つのアトラクション:Whirlpool Aero Car(ナイアガラ川の急流の上を行くケーブルカーですが、滝から遠いので見えません)とNiagara's Fury(ナイアガラの滝の形成についての4D映画:映画館に閉じ込められるより、実際に滝を見たほうがいいかも・・・)です。



冬のナイアガラの滝を見る


私は冬の季節には行きませんでしたが、滝が凍っている光景は息をのむほど美しいそうです。ボートツアーなど、冬になるとやっていないアトラクションも多いようですが、アメリカ側では秋冬のツアーを予約することができます。


▼夜の滝:イルミネーションと花火


夕方になると、ナイアガラの滝はまた違った表情を見せてくれるので、早めに帰ってこの光景を見逃すのはもったいないと思います。毎晩、夕暮れ時になると、滝は色とりどりにライトアップされます。見逃せない素晴らしいショーですよ。


もし可能なら、その後も残って花火を見てください。すべてのスケジュールはこちらからご覧いただけます。



夜のショーは、私がそこのホテルに一泊することをお勧めする理由の一つです。イルミネーションを見て、最終バスで帰ることは可能ですが、花火まで見ると遅くなりますからね。



アクティビティを予約購入するおすすめの方法


どれだけのアクティビティをしたいかによりますが、ナイアガラの滝のウェブサイトでアクティビティについての情報を確認することができます。なお、コロナウイルスの流行以降、一部のアクティビティが利用できなくなっています。


また、予算に余裕のある方や、ナイアガラの滝への訪問を特別なものにしたい方には、ヘリコプターツアー、ボートクルーズ、スカイロンタワー頂上でのランチ、Journey Behind the Fallがセットになったお得なパッケージがあります。予算は相当なものですが(一人あたり約235ユーロ)、忘れられない体験ができますよ。この豪華なパッケージの詳細については、こちらをご覧ください。


もし、あなたがアメリカ側にいて、国境を越えたくないのであれば、ナイアガラの滝を見るためのパッケージもあります。 Maid of the Mistのボートツアー、風の洞窟、アメリカの展望台からのパノラマビューなどが含まれています。



ナイアガラの滝付近の宿泊情報


ナイアガラの滝の近くにある小さくて魅力的であまり高くない、なんていうホテルはあまりないですよね...ほとんどの宿泊施設は北米タイプの大きなホテルで、それなりの地位はありますが、私には魅力的に感じられません…。ここでは、さまざまな条件に応じて、自分に合ったホテルを見つけるためのセレクションをご紹介します。時期や曜日によって、価格は大きく変わります。


・滝が見える部屋:The Oakes Hotel Overlooking the Falls。この機会にぜひ、滝の見える部屋に泊まってみてはいかがでしょうか。ホテルは大きな建物で、内装は改装したほうがいいと思いますが…立地はとてもよく、部屋もとても快適です。宿泊するなら、ぜひ滝の見える部屋にしてみてください。もちろん少し高くなりますが、朝目が覚めると足元にナイアガラが広がっている様子を見るのは不思議な気持ちになります。眺めの良いダブルルームで120ユーロから(シーズンオフ)。もう少し近代的なものとしては、Niagara Falls Marriott Fallsviewがありますよ(ただし、価格も高くなります)。


・コストパフォーマンスと立地が良いホテル:滝から徒歩10~15分以内には、コストパフォーマンスの高い中規模ホテルがあります。あまり魅力的には感じられませんが、機能的で立地も良いです。Howard Johnson by Wyndham by the FallsDays by Wyndham Niagara Falls Centre St. By the Fallsがありますので、比較してみてくださいね。ダブルルームで50ユーロから(オフシーズン)。


・チャーミングなホテル:滝までの歩行距離が多少長くなっても、小さなチャーミングなホテルを見つけることも可能です。私のお気に入りは、Cozy Inn Bed & Breakfast Niagara Fallsです。素晴らしい朝食を提供してくれる快適なゲストハウスです。ダブルルームは100ユーロから(朝食付き)。また、Blue Gables Bed and Breakfastに宿泊することもできます。どちらのホステルも滝から徒歩約20分で、無料の駐車場があります。



【持っていくと良いグッズ】


・K-wayのような防水ジャケット。

・電子機器を水から守るもの(特に防水でないスマートフォン)。

・ピクニック用のお弁当を用意しておけば、時間もお金も節約できます。


詳細はナイアガラの滝の観光局のウェブサイトをご覧ください。ナイアガラの滝に行ったことがある方は、ぜひコメントで体験談を聞かせてくださいね。ご意見・ご感想をお待ちしております。


▼ナイアガラの滝ビデオ:滝や各アクティビティのイメージをつかむにはビデオをご覧ください。


こちらも参考までにどうぞ♪


トロントを訪れる前に知っておくべきことをまとめた記事です。

・エミリーのブログ「Travel and Film」に掲載されたカナダ旅行の記事



校正Erika

 

Follow Sarah









Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page