インドの寺院の現在の混沌とし​​た状況では、人道的悲劇が通りに見えます


インドの首都デリー郊外のガジアバード市にあるシーク教徒のグルドワラ(寺院)では、人道的な悲劇が通りに見られます。

シーク教徒の援助グループであるKhalsaHelp Internationalは、緊急に必要な人々を支援するために利用可能になったときに、少量の酸素を購入してきました。

COVID-19患者とその家族を運ぶ車、バン、人力車が土曜日に寺院の外の通りを窒息させ、黒い酸素ボンベを持ったボランティアが助けを求めて広がった。

「他の場所で助けが得られなかったので、ここに来ました」と、ボランティアとして母親のデビの隣に座っていたマノジ・クマールは、タンクからマスクされた口への酸素の流れを監視しました。

「私はグルドワラに電話しました、そして彼らは私にここに速く着くように頼みました」とクマールは言いました。

バンに乗った中年の女性は、大人の息子が腕を抱えて意識を保とうとして、「ミイラ?ミイラ?」と声をかけながら、触診しているようだった。

別のバンでは、あるボランティアが激しく足をこすり、別のボランティアが胸をポンピングして彼を復活させようとしたときに、男性がチャイルドシートに無意識に横たわり、ドアから足を伸ばしました。

gurudwaraの社長でKhalsaHelp Internationalの創設者であるRummyは、ニューデリーで事件が急増し始めた3日前にサービスの提供を開始したと述べました。

「人々は路上で死にかけている。それが私たちがこれを始めた理由だ」とラミーは言った。

土曜日の夕方までの36時間以上、Rummyは、Khalsa Help Internationalグループが約700人の患者を救ったと推定していますが、一部は生き残れませんでした。

ロイターはその夜そこで2人の死を目撃した。

息を切らしている患者が酸素を求めて到着したとき、寺院の外の通りは病院の救急病棟に似ていましたが、ベッドトロリーではなく車でいっぱいでした。

Source : NDTV News

酒類販売管理者標識 (2).png