top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチン接種後の死産の増加懸念



ワクチン接種後に死産が増加する懸念が発生してきたようだ。




英国では、イングランド、ウェールズ、そして、スコットランドにその傾向が顕著である。







BBC放送も死産が増えている問題を取り上げていて、「乳児死亡率は月によって大きく異なるが、今回の増加は偶然性だけでは予想できない大きさである。」と報じている。






 実際、グラフを見れば、死産が増えていることは一目瞭然である。









 そして、その後の調査によると、この死産の増加は、コロナの感染によるものではないことが判明した。BBC放送は、「2021年9月に妊娠32週未満で生まれた赤ちゃんの数は、これまでの2021年に見られた月別の数の上限に達していた。未熟児は新生児死亡のリスクが高まるため、このことが新生児死亡率に寄与している可能性がある。」と述べている。




では、死産の増加はなぜ発生したのだろうか?

 実は、カナダでも同様のことが発生している。


 カナダのナガセ医師によれば、ワクチン接種済の母親から、通常の数を遥かに超える非常に多数の死産が発生しているそうだ。






 また、別の医師の話によれば、病院での死産が800%増加しているが、ワクチンを接種していない女性には死産はない。


 

 つまり、ワクチンを接種している女性に異常な割合で死産が発生しているということなのだろう。

 ワクチン接種により、死産が発生することがあるのだろうか。

 韓国でもワクチン接種後の死産が問題となっている。 韓国の産婦人科の専門医は、ワクチン接種後に流産した母親と胎児の事例を取り上げ、

「コロナワクチン接種直後に妊娠したケースです。子宮の中で胎児は生きようと力を尽くしました。3.5mmの大きさで心臓が止まってしまいました。コロンワクチンは決して安全ではありません。遺伝子が変わる可能性もあります。長期的な副作用は誰にもわからないのです」と述べている。







Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page