top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチンの接種率が異常に高いアイルランドは、夜間外出禁止を含む行動制限を再び課す







 アイルランドは、ワクチン接種を推進した結果、ワクチンの接種率が欧州でも最も高い国の1つになった(成人の93%)。それにも関わらず、コロナの感染者数が劇的に増加し、夜間外出禁止を含む行動制限を課すことになった。














 

 CNNでさえ、欧州で最もワクチンの接種率が高いアイルランドで感染者数が増えている事実を大きく取り上げて報道している。








 ワクチンの接種率が上昇した結果、感染者数が増えている現実。今回は、この問題を考えてみる。


 まず、少し前のアイルランドの状況を振り返ってみよう。6月の半ば時点では、アイルランドは、欧州の中でも、ワクチンの接種がほとんど進んでいなかった国の1つだった。そして、それでも、感染は、収束していた。








 そのような感染が収束している状況で、勿論、アイルランドの人々は、コロナ前の普通の生活を営んでいた。






 ところが、アイルランドは、感染が収束しているのにも関わらず、不必要と思われるようなワクチンの接種を進め、ワクチンの接種率は、お隣の英国を追い抜かすほどになってしまった。そして、感染者数も英国を追い抜かすようになってしまったのだ。











 「数パーセントのワクチン未接種者が感染を広げているのだ」、と考える人もいるかもしれない。しかしながら、その分析は間違っている。



 実は、アイルランドでは、ワクチンの接種率が一番高い地域で一番多くの感染が発生している。


 アイルランドの都市ウォーターフォードでは、99.7%の住民がワクチン接種を完了している。事実上、100%ということで、ワクチンの未接種者はほぼいない。それなのに、この都市ウォーターフォードは、アイルランドで最もコロナの感染が発生している高感染地域になっている。









このことは、つい最近大手メディアSky Newsでも取り上げられた。





 つまり、ワクチンの接種率が100%に近い状態では、ワクチンの未接種者が感染を拡大させているなどという詭弁を弄することはもはやできないのだ。


 これは、アイルランドだけでなく、ジブラルタルでも全く同じだ。ジブラルタルではワクチンの接種率がほぼ100%であるのにも関わらず、感染が爆発している。これは、もうワクチンの接種者が感染を拡大させており、ワクチン接種自体が感染の原因になっていることを認めざるを得ない。




 ジブラルタルのワクチンの接種率は、欧州の平均的な水準を遥かに超えている。







 ブースタ接種も40%を超えている。







  最後に、このような感染者の劇的な増加が発生した原因を少し考えてみる。



1.ワクチン接種により、選択圧が高まった。このことは、今までにも散々説明しているので、詳しくは述べないが・・


・ワクチン接種が進むほど、ワクチンによる免疫を回避するよるようにウィルスに選択圧がかかり、ワクチンによる免疫を回避する変異株(感染力の高い株)が優勢となる。

 特に、ブースタ接種は、選択圧を高める傾向が顕著であり、結果として流行が活発化する(感染がの拡大要因となる)ようだ。







2.ワクチン接種後、日数が経過したことにより、ワクチンの有効性が「マイナス」になってしまった。

 ・スウェーデンの研究によれば、ワクチンを接種してから240日経過すると、ワクチンの効果が得られないだけでなく、悪影響が及ぼされる。つまり、単純に、日数が経過すると、ワクチンを打たない場合よりもワクチンを打った場合の方が、感染しやすくなるということだ。





Comentários


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page