ケニア女性のスタートアップは、プラスチック廃棄物をコンクリートの5倍の強度のレンガにリサイクル!

更新日:2021年5月19日

ケニアの優秀な若い女性が再生プラスチックからレンガを製造する会社を始めました


翻訳: Nori

Nzambi Mateeは、首都ナイロビで公務員がプラスチック廃棄物と闘っている中で、「傍観者になるのにうんざりしていた」と言います。そのため、材料エンジニアとともにコンクリートの5〜7倍の強度の製品を開発しました。


プラスチック廃棄物を耐久性のある建築材料に変換する技術を開発したGjengeMakersの創設者であるマティーは、工場でレンガを製造する機械も設計しました。


Gjenge Makersは、地元の包装工場からプラスチックの低密度および高密度ポリエチレンとポリプロピレンを無料で入手し、プラスチックポリマーを加熱して砂と混合した後、さまざまな舗装石を製造しています。


「もう処理できない、リサイクルできない廃棄物があります。それらが私たちに取っての貴重な材料なのです。」とマティーはロイターに語った。


油圧機械を介してさまざまな厚さにプレスされた多用途の建築材料の製品ラインが生まれ、さまざまな色で販売されます。1平方メートルあたり平均7.70ドルのコストがかかります。


これまでに110人以上を雇用し、毎日約1,500個のレンガを市場に供給しました。彼女はロイターに、同社が2018年に設立されて以来、約20メガトンのプラスチック廃棄物をリサイクルしていると語った。


彼女は近いうちに、生産能力を3倍にするはるかに大きな製造ラインを追加したいと思ってます。


このリサイクルヒーローの活動のビデオをご覧ください


Source : goodnewsnetwork.org

酒類販売管理者標識 (2).png