top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

ワクチン接種義務、ワクチンパスポート政策を悲観した男性が焼身自殺を図る








 オーストラリアのビクトリア州で、ワクチンパスポート、ワクチン義務化政策に苦しめられた男性が焼身自殺を図った。











 現場に居合わせた目撃者の女性によれば、リッチモンドのチャーチ・ストリートで、アンドリュース州首相が主導するコロナワクチン義務化について叫びながら、男が自分自身と自分の車に火をつけた。警察と消防が水をかけながら男を抑えつけた。ビクトリア警察によると、男性は救急車で病院に運ばれ、命を取り留めた。


目撃者は、炎が水で消される前に、彼の肉が燃えていたと言った。


「彼の皮膚はシャツに張り付いていた」






 オーストラリアでは、ワクチンの義務化、ワクチンパスポートの導入により、人権、自由、幸福が奪われ、多くの人が世の中を悲観している。



参考






Comentários


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page