• You3_JP

韓国のワクチン被害状況についての概要




 韓国のワクチンの副反応(부작용)による 被害状況について簡単にまとめてみよう。韓国では、ファイザー(화이자)、モデルナ(모더나)、およびアストラゼネカ(아스트라제네카)のワクチンが使用されている。まず、副反応による死についてだが、ワクチンと死との因果関係(인과성)が認められた事例はたったの2件である。

 具体的には、ファイザーのワクチン、アストラゼネカのワクチンによって死亡したと因果関係が認められた事例が1件ずつ存在する。

 ファイザーのワクチンを接種して亡くなったのは、20代の健康な軍人である。この内容については、以前ツイッターでツイートしている。






 既に症例レポートも存在する。



 アストラゼネカのワクチンによって亡くなったのは持病のない30代の男性である。5月27日にアストラゼネカワクチンを接種し、6月5日に激しい頭痛と嘔吐をを発症し、意識を失った。6月8日に入院し、ICUで治療を受けたが6月16日に血小板減少性血栓症と診断されて死亡した。






https://health.chosun.com/site/data/html_dir/2021/06/21/2021062101740.html


https://m.khan.co.kr/national/health-welfare/article/202106211545001


https://news.jtbc.joins.com/article/article.aspx?news_id=NB12012859



 モデルナについても、現時点で因果関係が認められていないものの、欧州の研究により、因果関係が認められる見込みである事例が存在する。








https://www.wikitree.co.kr/articles/695969






 実際には、韓国では、ワクチン接種後の死者が増え続け、





ついに、1100人を超えた。





とくに若い人が亡くなっている事例が多い。







 基本的に、病気とは無縁の健康な人がワクチン接種後に亡くなるという事例が多く、ワクチンが原因であるといっていよい事例ばかりだ。因果関係をほとんど認めないようにする政策が採用され、社会問題となっている。病歴がある人が亡くなったり、ワクチン接種後、或る程度時間が経ってから亡くなったり、血栓や心筋炎など、他国で副作用が認定された病症以外の症状で亡くなったりするなど、1つでも何らかの疑義がつけば、まず因果関係が認められない。このようなことから、韓国では、政府に真相解明と謝罪を求めるために、ワクチン被害者家族評議会が結成されている。










 また、最近では、ワクチンの接種により10代の女児を無くしたワクチン被害者の母親が韓国CDCのセンター長に面会を求め、直訴するということも行われた。





 韓国では、ワクチンによる死であると強く判断される場合であっても、ワクチンとの因果関係が認められることはほとんどない。








 また、韓国では、死に至らないまでも、ワクチンによる深刻な健康被害が数えきれないほど発生しており、その被害状況が現地メディアによっても取り上げられている。

















 このような副反応による健康被害を重く見て、市民達の抗議活動が日常的に行われている。






 例えば、韓国では、コロナパンデミック調査委員会という市民団体が結成され、各地で反対集会を開催している。この団体の活動の1つは、ワクチンの安全性についての懸念を社会に知らしめることである。






 死亡を含む深刻な副反応の代償が大きいワクチン接種であるが、その効果がでているとはいいがたい。








ワクチンの接種率が上がるほど感染者が増大しているという問題も指摘されている。















酒類販売管理者標識 (2).png