top of page
  • 執筆者の写真You3_JP

モデルナ社のワクチン接種後、重篤な多形紅斑の発症事例






 

彼の名前は、Allen Luxenbergさん、米国のニューヨーク州の51才の男性だ。










 彼はモデルナ社のワクチン接種後、重篤な多形紅斑(erythema multiforme)を発症した。






















 元ニューヨークタイムズ誌記者のAlex Berensonさんは、このような帯状疱疹や、さらに危険で痛みを伴う皮膚の発疹は、新しい血小板減少症の可能性があると懸念を示している。

”Shingles and even more dangerous and painful skin rashes may be the new thrombocytopenia."






Wikiによると、多形紅斑とは以下のようなものである。

多形紅斑(英:Erythema multiforme, EM)または多形滲出性紅斑(英:Erythema exsudativum multiforme, EEM)は感染症や薬剤等を切っ掛けとして発症する皮膚の紅斑である。皮膚および口腔粘膜の表在性毛細血管に免疫複合体(英語版)(主としてIgMとの複合体)が沈着する事で発症している可能性がある。








 これはきつい症状だね。なお、ツイッターでこのようなワクチンに関して懸念される情報内容をツイートすると検閲され、アカウントが凍結される可能性が高いため、詳細をツイートできなかった。





 要するに、ワクチンによる有害事象は、なかなか人の目に触れることはないが、実際には世の中に無数に存在しているということなのだ。






Commentaires


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page