• You3_JP

コロナの流行が季節的な要因で発生することが米国で確認される


 コロナの流行は、季節的な要因で発生する。ところが、世の中の御用学者、メディアは、このことを認めようとはせず、感染対策によってコロナの感染が拡大、縮小するという説明をずっと続けてきた。

 しかしながら、この議論は、もう終わりだ。最近の米国の感染者のデータにより、コロナの流行が季節的な要因で発生することが明確に裏付けられた。


 米国の8月12日と11月7日時点の感染者マップを見ると、コロナが流行している地域が8月12日と11月7日でほぼ完全に入れ替わっていることが分かる。





 例えば、ほぼ感染対策をしていないフロリダ州では、8月の時点でコロナが激しく流行していたが、感染対策を強化した訳でもないのに現在は自然に収束している。





 現状、感染対策をしていないフロリダ州では感染者数が最も少なくなり、死亡率が最も低い。 カリフォルニア州では再び感染が拡大する気配があり、フロリダの感染率の2倍になっている。



https://www.foxnews.com/us/masked-california-covid-rate-twice-florida

 そして、カリフォルニア州Newsom知事は、コロナの流行が季節的な要因で拡大することをついに認めた。


California Economic Summit















酒類販売管理者標識 (2).png