top of page
  • Slanelle

小豆島•高松への旅

更新日:2021年4月16日

翻訳:Google

もっと写真を見る: Slanelle's Blog

 

小豆島と高松での私のお気に入りのスポットを紹介していくね。


映画好きは、1954年の映画のリメイクが撮影された小豆島の二十四の瞳スタジオを訪れるのが大好きらしい。私はその映画を見たことないし、壺井栄さんの本を読んだこともなかったけど、海の近くの屋外スタジオでとっても気持ちかったから、すごくお気に入りの場所。


泊まったホテルは朝食が食べ放題のブッフェだったから、エステと私はお腹いっぱいになるまで食べたの。

だから、スタジオについた時その映画で生徒たちが食べているご飯(パン・冷凍みかん・カレー・えんどう豆のスープ)をそのまんま食べることができたんだけど、朝食でお腹いっぱいだったから、全然お腹に入らなかった…。

けど、次の予定まで時間がなくて10分以内に食べなきゃいけなかったから、必死になって食べたのもいい思い出…笑


それから、寒霞渓という島の一番高いところに行きました。景色は最高でした!そこにたどり着くために、私たちは印象的な岩の中でケーブルカーに乗りました。 この経験のためだけに、それはしなければならないことです! 景色は本当に素晴らしかったですが、秋の季節にはさらに美しいと聞きました。自然の色が赤、黄、金色に変わります…後でまたこの場所を訪れるのに十分な理由です!

私たちのケーブルカーはピンク色で、チーム全体がそれについて興奮していました(私よりももっと?)。現時点では「ピンクデス」の叫び声がたくさん聞こえますが、フランスでピンクを見るたびに「ピンクデス」と言うのも嬉しいです。


もう一つの素晴らしい思い出:小豆島オリーブ公園は私のお気に入りのスポットのひとつです。シンプルだけど可愛い! まず、「フランス風」の食事を食べました(まあ、ピザ笑…[注:イタリアンです])。生の魚を1週間食べた後、私はこれらの味がいつものパリの餌に近いと感じて幸せでした。そして、それはとても美味しかったです!

公園は海の素晴らしい景色を望む広いスペースがあります。 魔女の宅急便のファンは、映画へのオマージュであるこの小さな家(実際にはお土産屋)を見たいと思っています。

ほうきで飛んでいるシーンを再現して、たくさん写真を撮るのがとても楽しかったです!完璧なショットを撮るには、長い時間がかかり、炎天下で千回ジャンプしました。とても疲れますが楽しいです!

オリーブ公園は、その名前が示すように、オリーブの木立です。 オイルやオリーブ製の化粧品が売られています。 しかし、私にとって最高のお土産は、幸運にも手に入れることができなければならないので、ラミネートされたブックマークでした。それを作成するには、二重の葉を見つける必要があります!本当に欲しかったので、長い間探し回って最高の葉を探しました。 あきらめようとしていたとき、ついにそれを見つけました。完璧なハート型の葉です!なんて幸​​せなんだ! 旅行で持ち帰ったお土産の中でも、このしおりが一番好きです。

これは私が本当に発見したかった場所です:Angel’s Road!これらの小さな島々は、干潮時にのみアクセスでき、水に囲まれた砂の道が現れます。 上からの眺めは素晴らしいです。幸運のお守りとして、愛する人の手を握ってこの道を歩かなければならないと言われています。 しかし、友人のエステルと私は、ロマンチックな散歩をするよりも、岩を登って道の終わりに到達することを好みました。それはグーニーズの映画にいるようなものでした、そしてそれはとても素晴らしかったです 笑。


最後のフェリーに乗って、本日の最後の訪問である栗林公園がある香川の首都、高松に行く時が来ました。

丹下健三が設計したこの建物に立ち寄りました。 彼は代々木体育館を作った人なので、気づかずに知りました。この原宿の建物はずっと憧れていました。彼はまた、東京の市庁舎(新宿の有名な双子の塔で、街のパノラマの景色を眺めることができます)や、パリのイタリー広場にあるグランドエクランの建物を設計した人物でもあります。

栗林公園は私たちの最後の訪問でした。旅行が終わったので少し悲しかったです。 しかし、私はこの美しい庭を楽しんだ。シウン山もあるので、日本国内でも最大級です。この公園は、西洋と東洋の2つの部分に分かれています。東洋の部分を訪ねました。 高松のシンボルである池や木立、滝に囲まれたこのかわいい橋がようやく見られてとても嬉しかったです。 この場所に行くことをお勧めします!


 

スラネルのSNS: