• You3_JP

非衛生的なマスクが主原因とされるムコール症がインドで大流行





インドでは、既に2万人程のインド人が感染しており、ムコール症の致死率54%を考えると、その脅威はコロナどころではない。


インドのムコール症については、日本でも概要が伝えられ、大手メディアは、その原因は、


(1)不衛生な環境

(2)糖尿病

(3)ステロイドの使い過ぎ


であると報道している。



 ここで、日本の報道では、(1)の不衛生な環境の項目があいまいになっているが、インドでの報道に基づけば、この不衛生な環境とは、何か。

 実は、このムコール症、インドの聡明な医師達は、「不衛生なマスク」が原因であることを突き止めた。


 

 ムコール症は、マハーラーシュトラ州のようなインドでもマスクの着用率が高い場所で特に多く発生している。



 つまり、インドの専門家の分析は、実際のデータに裏付けられているのだ。


どのような場合にムコール症が発生するのか?


 まず、専門家によれば、室内のような換気の悪い状態でマスクを着用すればムコール症の感染が発生する。




そして、マスクが湿っていれば感染が拡大する。




 そして、ムコール症は、繰り返しマスクを再利用することで増加する。マスクの効果は別として、清潔なマスクを使用することでムコール症が発生していた。




 専門家によると、マスクを清潔に使用するためには、1日に3~4回マスクを交換しなければならない。




 つまり、ムコール症の発生原因は、


 「換気の悪い状態で不衛生な湿ったマスクを繰り返し着用すること」




 要するに、飲食店のような室内の換気の悪い状態で、マスク不衛生に触りながら、人間の息やドリンクで湿ったマスクを何度も使用するような状況、つまり、日本でいういわゆる「マスク会食」がムコール症の温床となっているのだ。







 このムコール症、インドでだけ流行っていると油断してはならない。世界のどこでも発生する可能性がある。発生してから気が付いても遅いのだ。なお、ムコール症は、既にブラジルにも到着している。





https://news.yahoo.co.jp/articles/84d515f9c43bae7b9568e073117b8271fd984360

酒類販売管理者標識 (2).png