top of page

2050年の食産業にフォーカス



現在、さまざまな公害を含めた環境の変化が、私たちの生活習慣にも影響を及ぼし、毎日の食生活を乱しつつあります。世界人口の急増と過度な仕事は、ファーストフードの消費へと向かわせ、悪循環を引き起こしていおり、環境に悪影響を与えるこの傾向は、今後何年にもわたって保全されるべきものです。今回は、将来の食産業がどのような方向へ歩んでいくのか、そこで私たちが意識すべきことは何か?についてお話ししたいと思います。

 

身体の健康と自然を守る


今後30年間は、食習慣が変わることなく、試験管内で生産されたような肉の消費は避けられないと思います。また、環境や経済的な要因も、こうした食習慣のトレンドに影響を与えています。


そんな中、私は、料理家や科学者が、食事の質を高めることに一層注目をすることが大事だと思っています。そのような注目が消費者の健康を守り、環境悪化のリスクを回避することに繋がるからです。


特に調理から発生する炭素は、食品の衛生面を悪化させています。このような消費に伴う健康問題や環境問題を回避する方法はいくつかあり、調理に伴う炭素について言えば、昆虫を利用した環境問題への対応や、健康的でカーボンフリーな調理法でベジタリアン食に転向するといったものが挙げられます。



食習慣の改革


1年の間に食生活が変化することは、決して珍しいことではありません。ベットウェイオンラインカジノの記事によると、今後30年以内に新しい食習慣が生み出されるとのことです。この改革には、肉類などのタンパク源を再定義することも含まれています。


今後の食習慣の傾向としては、より植物由来の製品が増えていくと思います。また、2050年には、革新的な食品の消費割合が増加することも予想されます。これらの食品は乾燥されているため、賞味期限が長いのが特徴です(もちろん、お菓子やビスケットも加工品に含まれます)。


このような食品産業における革新と進歩は、「ハイテク食品」への道を切り開いていていると言えます。さらに、コンピューター技術や生物を使って、実験室のような場で食べ物を生産する文化も生まれるでしょう。



健康的な食事に重点を置くことの利点


上記のような改革が進む中、加工食品ではないオーダーメイドの食事を取ることは大事なことです。加工食品に頼らない食生活へと移行することで、環境汚染の減少という利点が挙げられます。例えば、肥満の原因となるジャンクフードの生産が減ることにより、いずれは産業や農業の排ガスによる大気汚染の減少につながるのです。


また、環境への配慮だけでなく、健康的な食事は、身体にも良い影響を与えてくれます。生活習慣、食習慣、ひいては食品衛生が、身体の健康に左右します。例えば、免疫力を高めるためには、フィコシアニンを多く含む食品を摂取することが有効なのですが、この抗酸化物質が体を支え、病気から体を守ってくれるのです。さらに、フィコシアニンはエネルギー生産を最適化するため、疲労を防ぐ効果があります。



環境に配慮した変化


人口の大幅な増加は、食品業界の改革を必要とする大きな要因となっています。国連は、今後30年間で世界の人口が25%増加すると推定しています。食糧資源はますます不足し、現在の状況では、環境の悪化を助長させるものです。


同時に、質の悪い肉や乳製品を日常的に摂取していると、深刻な病気になることがよくあります。食品加工や特定の調理方法は、環境や健康に影響を及ぼします。摂り過ぎはがんや心臓病の原因になります。糖尿病患者の多くは、このような食品の多量摂取者でもあります。



以上のように、食行動が環境や身体に大きく影響しているのです。今回の記事を通して、みなさんが今後の将来を見据えた食事の取り方を見直す良い機会になれれば嬉しいです。



校正Erika

 

Follow Guillaume