top of page

ビーツジュースの多くの利点



古代ローマ時代から知られているビーツは、西洋料理に欠かせない食材です。抗酸化作用、抗炎症作用、解毒作用、アルカリ化作用など、その効用は多岐にわたります。一年中ジュースとして飲めるビーツは、エネルギー補給と健康維持のための優れた食品です。では、その効果を一緒に見ていきましょう。

 

ビーツジュース:知っておきたいこと


●多目的に使用できるビーツ


赤ビート、テーブルビートとも呼ばれるビートは、紫がかった赤い色で知られるアマランサス科の根菜で、マイルドで甘い風味が特徴です。ローマ人によって初めて栽培され、現在では西洋の食卓で最もよく食べられている食材の一つです。また、フランスはヨーロッパで2番目の生産国です。ビーツの品種によっては、製糖やバイオ燃料の製造にも利用されています。


●栄養価の高いビーツジュース


高温で調理すると壊れてしまう栄養素もありますが、ビーツはジュースとして摂取することで、全ての栄養素を保つことができるという利点があります。特に抗酸化物質と硝酸塩を豊富に含む栄養組成が顕著で、体に良い味方です。


・抗酸化作用で知られるベタレイン(赤色色素)

・無機硝酸塩:血管拡張作用がある

・鉄、カルシウム、マグネシウム、カリウム、マンガン、コリン、銅、あるいはヨウ素など、体に不可欠なミネラルや微量元素

・ビタミン類(A、B1、B2、B5、B9、C、E、K)

・免疫反応を促進するグルタミンなどの必須アミノ酸

・タンパク質と炭水化物


これほど豊富な栄養素を含むビーツジュースを見逃すのはもったいないですよね。



ビーツジュース:身体に良いこと


ビーツは、その優れた栄養成分のおかげで、体に良い影響があります。肝機能の回復、免疫系の強化、酸塩基平衡の維持に役立ち、強く健康な体を作ります。このような効果を維持するために、ジュースを飲むことは良いですね。



ビーツジュース:貧血予防


貧血は、主に鉄分の不足が関係しており、血液中で酸素を運搬する役割を担う赤血球の濃度が低下する状態を言います。酸素がなければ、筋肉や臓器、組織は正常に機能しません。


ビーツジュースは、ミネラル、特に鉄分を豊富に含んでいるため、貧血などの疾患を予防するために様々なレベルで作用します。まず、鉄分を多く含んでいるため、鉄分の補給ができます。また、ビーツジュースは鉄分を多く含むだけでなく、体内で鉄を同化させるという基本的な役割も担っているのです。銅(特に根の部分)やビタミンCも多く含んでおり、体内で鉄分を利用しやすくすると言われています。



ビーツジュース:天然の解毒剤


ビーツに含まれる栄養素は、体の機能中でも特に肝臓に自然な解毒作用を与えるという特徴があります。これは、強力な抗酸化物質であるベタレインや、抗炎症作用や抗酸化作用を持つプロビタミンA、ビタミンC、コリンが含まれているためです。これらの化合物は、肝臓が炎症と戦うことを助け、過剰なアルコールやタンパク質不足などで肝臓に蓄積された脂肪沈着を分解する効果があります。また、肝機能の主要な役割の1つである自然発生毒素を除去するのを促します。つまり、ビーツジュースは、この重要な臓器を保護する効果があるのです。健康な肝臓は、エネルギーレベルを維持し、免疫系を強化するために不可欠です。



ビーツジュース:アルカリ性の作用


過度の酸性食による障害を避け、活動的で健康的な生活を維持するためには、いわゆる酸性食品の悪影響を塩基性またはアルカリ性の製品で補ったり、酸塩基平衡に基づいた食事を取り入れたりすることが必要です。ビーツジュースはpHが低い(塩基性)ため、体をアルカリ性にさせ、酸塩基平衡の回復を助け、高いエネルギーレベルを維持することに役立ちます。



ビーツジュース:ダイエットを促進


ビタミン、繊維、ミネラルを豊富に含むビーツジュースは、健康的で栄養価が高く、ダイエットやデトックスに最適な軽食です。ビーツジュースは、100gあたり31キロカロリーしかないことに加え、消化を促進します。健康的でバランスの取れた食生活を補完するものとしても良い食材と言えます。



ビーツジュースの多様な効果


これまで見てきたように、ビーツジュースの抗酸化作用、アルカリ化作用、解毒作用、抗炎症作用は、体の機能を最大限に高め、早期老化に関連する障害の発生を遅らせ、外敵に対抗するための免疫システムを強化させるために理想的な食材なのです。そのため、ビーツジュースは、変性疾患やがんなど、特定の病気の発症を防ぐための味方になるのです。様々な科学的研究の中でビーツが大腸がんや胃がんと闘う上で興味深い役割を果たすことが示されています。


いかがでしたか?栄養豊富なビーツを日々取り入れることで、身体にもたらす効果が様々にあることがお分かりいただけたことと思います。ぜひ、日常の中でビーツジュースを取り入れて健康な身体作りをしてみてはいかがでしょうか?



校正Erika

 

Follow Guillaume