top of page
  • 執筆者の写真Johanna

断食中の野菜スープの作り方



断食中は、スープの摂取は必須ではありません。でも、一日の終わりにちょっと温かいものが食べたくなった際には、今回ご紹介する野菜スープをぜひどうぞ。ちょっとした内臓の運動にもなりますし...。ちなみに、このスープは作り方によって、含まれる栄養素に影響が出ます。圧力鍋で作ったスープは、煮込むことでほとんどの栄養素が壊れてしまうので、意味がなく、 マリオンのバイタライザーなどで優しく蒸らしながら作るのがおすすめです。というわけで、今回は、断食中に体に蓄積された余分なものを排出させる野菜スープのレシピをご紹介したいと思います。


私が運営しているFacebookの新しいプライベートグループ「The 3 day fast」にぜひご参加ください。このサポートグループでは、あなたの経験を共有することができますよ。


 


【材料(2名分)】


有機野菜を選ぶ。


・玉ねぎ(中):1個(4分の1にカット)

・ニンジン:2本(輪切りにする)

・セロリ(葉付き):1本

・長ネギ(みじん切り):1本

・フェンネル球根(粗く切る):1/2個

・乾燥タイム:小さじ1、または生のタイム数本

・ベイリーフ:1枚

・新生姜:2cm

・水:約1リットル



マリオンのバイタライザーで調理


マリオンのバイタライザー(蒸し器)は、野菜の栄養素を抜かずに(あるいはほとんど抜かずに)調理することができますから。マリオンのバイタライザーのクーポンが欲しい方は、私に連絡してください。25%割引になります。


【作り方】


・バイタライザーに水を入れる

・お湯が沸騰したら、ステンレス製またはセラミック製のボールをその上に置く

・鍋に水と刻んだ野菜を入れ、中火で1時間ほど蒸す

・火を止め、野菜は入れずにスープだけを取り出す


ちなみに、ドイツのブヒンガークリニックでは、水に対して20%のミックスベジタブルで作ったスープを提供しているそうです。



フライパンで調理


先程説明したように、あまり強火で鍋で調理したり、圧力鍋で調理したり、長時間調理したりすると、栄養分(ビタミン、ミネラル、酵素)が失われ、アルカリ側の汁が取れなくなってしまうのです。鍋が1つしかない場合は、湯煎をして作るのがおすすめです。


【作り方】


・大きな鍋に水を入れて沸騰させる

・1つ目の水が入った大きな鍋の中に小さめの鍋を入れる

・野菜と水を入れて、1時間湯煎する

・このスープを断食中の毎晩、一杯ずつお召し上がりください



今回は、断食中におすすめのスープについてご紹介しました。


断食を終えた後の食の整え方についてはいかがでしょう?

アヌシーやプロヴァンスで、断食後の回復方法についてのワークショップを企画したり、オンラインでも提供しています。現時点では、いくつかの日付が提案されていますが、ご希望の日時があれば、気兼ねなく私に連絡をくださいね。



校正Erika

 

Follow Johanna




コメント


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page