top of page
  • 執筆者の写真Sarah

フランスでの休日:おすすめスポット

更新日:2021年10月19日




フランスでの休暇に再び注目が集まっています。コロナウイルスの流行は、一日も早く終息することを願うばかりですが、私たちはこの出来事をきっかけに、自国の美しさを再発見する機会になったと思います。


多様な風景、文化、美食、そして豊かな遺産を持つ地域に住んでいることは、何と幸運なことなのでしょう。


実は今、フランスの新しい場所をたくさん探索したいと思っています。そこで、ステイホーム期間に、自宅から150kmとさほど遠くないにもかかわらず、全く知らないソンム県を探索することを計画していました。


今回は、フランス滞在を計画する際のヒントになればと思い、私のお気に入りの場所を紹介します。


 

サヴォワ/Savoy



サヴォワは、フランスの私の第二の故郷のようなものです。私はパリで生まれ、人生の大半をパリとヴァル・ド・マルヌの間で暮らしてきましたが、母方の家族はサヴォワ出身です。


サヴォワのラ・トゥスィールに大きなシャレーを持っていて、ここ最近はそこで過ごすことが多くなっています。一年中、ソーシャルディスタンスが保たれた場所で、今年はほとんどそこで過ごしています。


以前は毎年冬に山を訪れていましたが、今では夏の時期も満喫するようになりました。また、雪が解けていく頃、草木が少しずつ生え始め、花々が咲き乱れる様子を見ることも楽しみになっています。


サヴォワでの滞在では、このような自然の移ろいを感じることができるでしょう。来年の冬には、La Toussuire(モーリエンヌ渓谷)からの最も美しいスノーシュー・ハイキングをご紹介します。



フィニステール/Finistère



フィニステールは、フランス語で直訳すると「地の果て」です。


子供の頃にバカンスを過ごしたことがあるので、少しは知っている県ですが、昨年、6月末から7月初めにかけての2週間のドライブ旅行で、様々な発見がありました。


この度は隔離期間が終わって初めての旅でした。ここでもまた、人との距離感を意識し、密封された空間を避けなければならないこの複雑な時期に、とても良い選択をしたと思います。


この旅行で私が最も気に入ったのは、グレナン諸島、セイン島、クロゾン半島の3つの美しい風景でした。真の楽園のような風景は、今でも記憶に残っています。



ロワール川の古城群/Les Châteaux de la Loire



ロワール地方のシャトーは、フランスでの休暇の定番です。


週末のショートトリップや長期での旅行、どちらにも適しています。訪れるべきスポットがたくさんあるので、2〜3週間、あるいはそれ以上の期間を過ごしても飽きることはありません。


ほとんどの城はブロワとトゥールの間にありますが、オルレアンからアンジェまでのロワール川に沿った範囲にもあります。


最も美しい(そして観光客に最も人気のある)2つの城は、シャンボールとシュノンソーです。しかし、アンボワーズとシュヴェルニーの素晴らしい城も見逃せません。



ピレネー=オリアンタル/The Pyrénées-Orientales



海辺のバカンスか山のバカンスか、どちらかを選べないなら、ピレネー・オリエンタールに行ってみましょう。


地中海とピレネー山脈の間に位置するこの地域は、自然と文化の両方を兼ね備えた素晴らしい場所です。


海側では、20世紀の多くの画家にインスピレーションを与えた崇高なコリユール港や、海辺の楽園のようなアルジェレス・シュル・メールの広大な白砂のビーチが見逃せません。


山間部でいうと、カタルーニャ人にとって聖なる山であるピック・デュ・カニグーへの登山や、ヴォーバンの建築物としてユネスコの遺産に登録されている要塞都市ヴィルフランシュ・ド・コンフランを訪れてみてはいかがでしょうか。



ロゼール/La Lozère



ラ・ロゼールは、人混みを避けたい人にお勧めの場所です。


なぜなら人口76,000人のこの県は、フランスで最も人口の少ない県だからです。観光シーズンになると、もちろん人は少し増えますが、それでも大自然がすぐそばにあり、十分に楽しむことができます。


特にコーズメジャンと呼ばれるコーズ山脈では、まるでモンゴルの大草原にいるかのような草原が広がっています。


ロゼールでの私のお気に入りは、タルン渓谷(Gorges du Tarn)です。ロック・デ・ズルトゥー(Roc des Hourtous)の頂上に登れば、最も美しいパノラマを見ることができます。カヌーやカヤック、スタンドアップパドルで峡谷を下るのもいいでしょう。



ロアールアトランティク /Loire-Atlantique




ロワール=アトランティック地方、この地方は、数年前にラ・ボールで多くの休暇を過ごしたのでよく知っています。


この海辺の町は、そのブルジョア的な側面からみられることもありがちですが、ポルニシェからプーリグエンまでの約10kmに及ぶビーチは、他に類を見ないほど素晴らしいビーチです。もちろん、ここでも社会的な距離が保ちつつ過ごせます。


あまり知られていないビーチとしては、高床式の漁師小屋があるタロン・ビーチは見どころの一つでしょう。


そして、2〜3日かけてナントを訪れることもお忘れなく!ナントはとても美しい都市ですから。



ジェール/Le Gers



ジェール地方では、幸せを感じさせる草原が広がっています。


有名な映画の舞台となったのは、自然と美食に恵まれたこの地域です。コンドームとヴィック・フェザンサックの間に位置しています。


私は、この1年間私たちの生活を蝕んできたコロナウイルスの流行よりもずっと前にこの地を訪れましたが、この地が今なお、そしてこれからも理想的な場所であることには変わりがないことを確信しています。


素敵なコテージや美しいゲストハウスを見つけて、この豊かな自然と美味しい食事を楽しんでください。


 

フランスでの休暇を計画するには、観光情報が豊富なサイトFrance-Voyage.comをご利用ください。宿泊施設や移動手段、観光やアクティビティを直接予約することができます。


また、各県の観光局に必要な情報も掲載されています。充実した情報ですよ。


編集・校正:Erika

 

Follow Sarah




 

Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page