top of page

免疫力を高める食べ物とは?



何よりもまず、免疫系を強化するためには、バランスの取れた生活を送ることが大切だということをお伝えします。何から手をつけていいかわからないという方は、私の著書『痛みにサヨナラする17のヒント』を読むことをおすすめします。より健康になり、免疫力を高めるために、日々の生活で実践できる17のヒントを見つけることができます。とはいえ、免疫力をサポートするためのサプリメントもあるのもご存知でしょうか。



オメガ3


これは私が最もお勧めする食品サプリメントです。私たちの食生活では、オメガ6系脂肪酸が多すぎて、オメガ3系とオメガ6系のバランスが崩れがちで、一方オメガ3を豊富に含む食品を摂取する機会はますます少なくなってきています。このバランスの崩れが、免疫力の低下や慢性的な炎症の原因となり、身体の痛みや病気を引き起こすことが多いのです。


十分な量のオメガ3を摂取するためには、週に3回以上、油性の魚を摂取する必要があります。マグロなどの大きな魚よりも、重金属の汚染が少ないニシン、サバ、イワシ、カタクチイワシなどの小魚を選ぶことをお勧めします。


しかし、オメガ3を補う量の魚ほど食べることができない、あるいは食べたくないという人はサプリメントから補給することを強くお勧めします。



オメガ3を取る方法


1日にEPA型オメガ3脂肪酸を250mg、DHA型オメガ3脂肪酸を250mg摂取することが理想的です。この貴重な脂肪酸が含まれているのは、魚油やクリルオイル、特定の藻類を原料とした栄養補助食品のみです。


また、オメガ3の酸化状態にも気を配る必要があります。酸化度の高い脂肪酸を含むサプリメントは意味がありません。


そこで、EPAとDHAを豊富に含むサンタレル社(天然物)のオメガ3複合体「オメガレル」がお勧めです。非常に高品質で、脂肪酸の酸化度が低いことを保証するEpaxラベルを取得しています。



免疫力を高めるビタミンD


ビタミンDは単なるビタミンではなく、太陽の光を受けて体内で生成されるホルモンなのです。ビタミンDの生成をみると、私たちは光合成をしているようです...。


私たちのビタミンDレベルは、私たちの免疫系をつかさどる機能に直結しています。そのため、ビタミンDが不足すると、体が弱り、本来の機能が失われてしまいます。


では、どうすればいいのでしょうか?この2つのステップを踏むことをお勧めします。


1)体内で十分なビタミンDの合成がされるように、1日20分以上の日光浴をすることです。これはフランスの冬や世界のある地域では難しいことです...。

2)日光浴ができない場合はサプリメントで補給するようにしましょう。


【注意】ビタミンDは、脂身の多い魚などの動物性食品にも含まれています。タラレバーはビタミンDがとても豊富です。



どのビタミンDを摂ると良い?


ビタミンDにも様々なものがあり、すべてのサプリメントが良いというわけではありません。


例えば、ビタミンD2やビタミンD3も同様に異なるものです。両者の違いについて詳しく知りたい方は、「ビタミンD、ビタミンD2、ビタミンD3の違い」についての記事をご覧ください。


また、ビタミンDのサプリメントには、添加物が多く含まれているものが多いのです。通常、薬局で販売されているサプリメントはこのようなケースが多いのではないでしょうか...。


これらの理由から、私はDynveo研究所(天然物)のビタミンD3をお勧めします。25μg(1000IU)と50μg(2000IU)の2種類があります。ご自身の状況に応じて、ビタミンDを必要としていれば毎日50μgを摂取することをお勧めします。一方、単に免疫系をサポートするためであれば、25μgで十分です。ちなみに、公式の推奨量は1日あたり5~50μgと幅があります。


また、ビタミンDは脂溶性ビタミンと呼ばれ、体内では脂肪組織に蓄えられます。そのため、体に蓄えを作ることができるので、体が必要としない時に摂取しても、失われることはありません。



免疫力を高めるビタミンC


ビタミンC(L-アスコルビン酸)は、体の中でさまざまな働きをしています。中でもビタミンCは免疫力を高める効果があると言われています。1日に250mg~1gのビタミンCを摂取すると、風邪をひきにくくなるという研究結果もあります。


ビタミンCは水溶性ビタミン(体液に溶けるビタミン)です。そのため、ビタミンDのような脂溶性ビタミンに比べて蓄積されにくいため、体の機能と免疫系機能を助けるために毎日摂取する必要があります。


ビタミンCは、新鮮な果物や野菜(特に緑黄色野菜)に多く含まれています。例えば、キウイフルーツ、柑橘類、ほうれん草、ブロッコリーなどに多く含まれています。



どのビタミンCを摂ると良い?


ビタミンCのサプリメントを選ぶ際にまず注目したいのは、ビタミンCの組織です。単純なアスコルビン酸ではなく、自然な形のビタミンC、すなわちL-アスコルビン酸を摂取するのが良いでしょう。


しかし、それだけではなく、できるだけ多くの量を吸収するためには、リポソーム型ビタミンCのサプリメントを選ぶとよいです。ビタミンCをリポソームに封入し、ビタミンCを保護して腸管吸収を高めることができる形態のことです。このような構造のビタミンCは価格が高いですが、吸収率が良いので、健康面でのコストパフォーマンスは高いと思います


そういう意味では、Dynveo研究所(天然物)のリポソームビタミンCがおすすめです。



グループBのビタミン


また、ビタミンB群(B1、B2、B3、B5、B6、B9、B12)は、免疫力を高める働きがあります。


ビタミンB群は、酵母、種子、全粒穀物(小麦、米、そばなど)、ナッツ類、内臓(レバーなど)、豆類、果物、緑黄色野菜、乳製品などの食品に含まれています。



どのビタミンB群を摂取する?


ビタミンB群は食事で簡単に摂取できるので、私は特定のビタミンB群を推奨していません。


その代わりに、以下の最適化された計算式を考えてみてください。必要なビタミンB群をすべて含み、その他の成分と組み合わせて、免疫力を高めます。



免疫力を高めるための最適な処方


もちろん、免疫系をサポートする方法は様々にありますが、ここでは、私が考える最も重要なものをご紹介しました。


とはいえ、これらのサプリメントを別々に摂取するのが面倒な場合は、免疫力に最適化されたフォーミュラを選ぶとよいでしょう。繰り返しになりますが、すべてが同じ構造で作られているわけではありません。「免疫力アップ」の宣伝文句に飛びつかないでください。


個人的には、サンタレル研究所(天然物)のIMMUNIRELフォーミュラをお勧めします。それは、天然型のビタミンC(L-アスコルビン酸)、ビタミンD3、ビタミンB群の複合体、腸内細菌叢の善玉菌を養うプロバイオティクス(腸は免疫系に直結しています)が配合されています。


季節の変わり目に影響を受けやすい人や、免疫力を高めたい人にお勧めです。オメガ3と組み合わせて摂取すると良いでしょう。



今回は免疫力をアップさせるための栄養素についてご説明しました。食べ物やサプリメントなど様々や摂取の方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。


校正Erika

 

Follow Guillaume







Comments


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page