グルテン不耐症:治すことは可能?


グルテン不耐症は、今最も注目されている問題の一つです。グルテン不耐症、グルテン過敏症、セリアック病の違いがよくわからないという方は、私の記事を参考にしてください。こちらに詳しい方は、グルテン不耐症の治療法を一緒に考えてみてみましょう。


 

グルテンとは?


グルテンは、小麦、大麦、ライ麦、スペルトなどの穀類に含まれるタンパク質を指します。「グルテン」とは、実際には「グリアジン」と呼ばれる約60種類のタンパク質構造の総称であり、様々な問題を引き起こす可能性を持っています。



敏感さと不寛容さの違い


誤解のないように言っておきますが、グルテン不耐性とグルテン過敏症は別物です。


・グルテン不耐症はセリアック病とも呼ばれています。グルテンを摂取した直後に、腸の痛み、下痢、便秘、膨満感、粘膜の出血などの激しい症状を引き起こします。


・グルテン過敏症は、グルテンに対する耐性が低い状態のことをいいます。また、集中力の低下、全身倦怠感、精神錯乱、頭痛、関節痛などの症状が出ることもありますが、それほど深刻ではありません。


つまり、グルテン不耐症はより消化器系に影響を与え、グルテン不耐症はより脳領域に影響を与えるということです。



過敏症が多発する理由


グルテン不耐症を訴える人が増えています。その理由はこちらのようなものが挙げられます。


(1)近年、小麦をはじめとする穀物類は、より収益性を高くするため、食品産業で利用しやすいようにと、次々と遺伝子組み換えが行われてきました。問題は、私たち人体がそれに適応するのが難しいほど、これらの遺伝子組み換えがあまりにも早いスピードで行われてきているということです。


(2)現代のライフスタイルが問題となっています。具体的には、工業化された超加工食品、慢性的なストレス、自然との接触の喪失などが挙げられます。


(3)症状を抑えることのみを目的とした抗生物質の繰り返しの使用は、私たちの免疫力に寄与する腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)のバクテリアを破壊してしまうのです。


これらの要素はすべて、腸の粘膜を弱め、その透過性を促し、腸がポーラス(多孔質)になってしまう可能性を誘因しているのです。



グルテン不耐症の仕組みは?


これまでがグルテンについての説明です。

では本題に戻りましょう。


グルテン不耐症の仕組みを大まかに説明すると、次のようになります。


(1)腸の壁がもろくなり、その結果、腸の透過性が高くなります。遺伝的な原因について語る医師もいますが、私自身は信じていません。不耐症が起こる原因は遺伝的なものではなく、慢性的なストレス、食生活の乱れ、睡眠不足、座りっぱなしの生活など、エピジェネティック(行動的)な原因を体系的に見出しています。


(2) この腸の透過性が高くなるために、グルテン分子が体内環境、すなわち血流に浸透しやすくなる状況を起こします。




(3)侵入者(グルテン分子)を特定して、それを破壊する免疫反応が起こります。


(4)上記の侵入に続いて、免疫系は、特に腸内で、侵入者のタンパク質構造と類似した自分の細胞を攻撃します。これは、自己免疫疾患(体が自分自身を攻撃する状態)を引き起こします。



セリアック病は治りますか?


私は、特に健康に関しては、物事が不可逆的であると考えたくありません。身体は常に平衡状態に戻ろうとするものですから…。すべては常に変化しており、私たちの細胞も刻一刻と変化しているのです。ですから、「グルテン不耐性は不可逆的なのか」という問いに対しては、「ノー」と答えたいと思います。では、現実的にどうすればいいのでしょうか?

免疫系による攻撃を防ぐには、グルテン分子が体内環境に侵入するのを防ぐしかありません。そのためには、健康な腸壁、すなわち不浸透性であることが必須である。したがって、解決策は腸の粘膜を永久的に修復することにかかっていると言えるでしょう。


では、腸の粘膜を修復するためにはどうしたらよいのでしょうか。


それは、「ストレス要因」を取り除き、体の機能を正常に保つようにサポートすることです。ここでは、そのための重要な要素をいくつかご紹介します。



(1) 質の高い食べ物を食べる(オーガニック、ローカル、旬のもの)。


(2)不溶性食物繊維の過剰摂取を避けるために、例えば、野菜をそのまま食べるのではなく、ジュースで摂取する。


(3)植物性食品から抗栄養成分を取り除く。つまり、浸す・発酵・発芽・調理などの簡単なテクニックを使い、食材に合わせて調整する。


(4)日常生活の中でのストレスは、その原因を治療することと、瞑想や心臓のコヒーレンスなどのテクニックを実践することで、制限することが可能。


(5)十分な水を飲む:理想的には体重の3倍の水を飲む。

例:3×60=180cL=1.8L/日(60kgの人の場合)。


(6)消化器系に大きな負担をかけるような、非常に激しい長時間の運動を避ける。ただし、毎日の適度な運動は大切。


(7)毎晩、十分な睡眠をとる。太陽共に寝て(午後10時30分以前)起きる(午前6時頃)のリズムが理想。


(8)腸管の修復期間中は、もちろんグルテンを避けること。その後、腸内環境の改善を実感するようになったら、ごく少量のグルテンを摂取して体調状態を観察してみること。



いずれにしても、セリアック病を患っていようがいまいが、グルテンは、体にとって非常に炎症を起こしやすいタンパク質です。だからこそ、その消費量を減らすことが、あなたにとって大きな意味を持つことを知るべきです。個人的には、グルテンはほとんど食べず、たまに乳製品を食べる程度が良いと思っています。


グルテンについて少しでも参考にしていただければと思います。



校正Erika

 

Follow Guillaume











酒類販売管理者標識 (2).png