top of page

簡単に作れるリンゴ酢の作り方



簡単に作れるリンゴ酢


リンゴ酢を作るのはとても簡単で、なぜ今まで思いつかなかったのだろうと思います。


お酢は、私がいつも何気なく買っている食品の一つです。リンゴ酢は、使い始めてからまだ数年程度で、これまで自家製のリンゴ酢を作る機会がありませんでした。というのも、専用の調理器具が必要だとずっと思っていたんです。でも実際は、そんなことはありませんでした。数ヶ月前から、ようやく自分でリンゴ酢を作るようになり、今回ご紹介するリンゴ酢のレシピは、ビネガーメーカーを使用せずに作れるものです。発酵瓶があれば良いですが、シンプルなガラス瓶でも十分です。


ちなみに、リンゴ酢もアップルビネガーも同じものですが、呼び名が変わるだけです。以前私はこれについて疑問があったので…。



リンゴ酢を作るには、もちろんリンゴが必要ですが、オーガニックのリンゴが良いでしょう。有機農法のリンゴを食べることがどのように良いかについては、こちらの記事を参照ください。


そして、リンゴ酢の材料は、リンゴの他に、砂糖と水だけを使用し、発酵をさせます。すべての発酵製品に言えることですが、少しの時間と忍耐が必要ですね。



昔からあるリンゴ酢


ビネガーという言葉は、ワインとサワーを組み合わせた言葉です。


きっと、酢の発見は、ワインが酸っぱくなったことによるのだと思います。ワインの歴史は、人類の歴史と絡み合うほど古いのです。ワインの消費は古代にさかのぼり、ローマ人はビネガーを治療目的で使用していたそうです。ですから、私たちは、現代に至っても、とても古い製品の存在を知っているということになりますね。



それから、お酢は地元の産物の一つであることを覚えておきましょう。


実際、ワインの産地では、果物や香草で味付けされた白や赤のワインビネガーを生産しています。例えば、ラズベリー入りの赤ワインビネガー、タラゴンやバジル入りの白ワインビネガーなどがあります。


また、ブドウの果汁から作られるモデナ(イタリア)のバルサミコ酢、スペインのヘレスワインから作られるシェリービネガーもあります。


そして、リンゴの産地では、リンゴ酢を製造しています。


米どころでは、もち米を発酵させて作る米酢があります。私の料理にはリンゴ酢がよく合いますが、米酢はアジアンサラダのソースによく使います。

そして、忘れてはならないのが、はちみつ酢です。私はその存在を知っていても、味わったことがまだないのですが…。



このように、酢にも様々な種類があります。植物の数だけ酢があると言ってもいいくらいです。薬用酢も忘れてはいけません。


リンゴ酢についいての詳しい内容はこちらを参照ください。


参考情報


・名医ジャービスに学ぶ癒しのオールドレメディ


ジャービス博士がリンゴ酢の効能を発見するまでの物語


Vinaigre:健康、美しさのためのヒントが濃縮されています。著者は、ブログ「Vinaigre malin」の著者、Samuel Chapin氏。


Le livre du vinaigre. :とてもよくできた小冊子です。


Ekopédiaによるビネガー




リンゴ酢(Passeport Santéの記事)


※この記事にはアフィリエイトのリンクが含まれています(これらのリンクを経由して購入された場合、こちら(クレメンティーン)は手数料を受け取りますが、お客様に追加の負担はかかりません。 amand et basilic を応援していただき、ありがとうございます)。

 

リンゴ酢の作り方(5リットル)


・準備時間:15分

・調理時間:なし

・発酵:30日


【材料】


・有機りんご:1.5キロ

・きび砂糖(または全粒粉の砂糖):1kg

・非塩素系水:5リットル


【道具】


発酵用ポット


【作り方】


(1)オーガニックのリンゴをしっかり洗って、乾拭きする(重曹で軽く擦ることまで推奨されているのを見たことがあります)。

(2)リンゴが完全にきれいになったら、細かく切って容器に入れる。

(3)きび砂糖を加え、よく混ぜ(またはつぶし)、リンゴをペースト状にする。

(4)リンゴがペースト状に近い状態になったら、大きめのガラス瓶に移し、水を注ぐ。

(5)きれいな布で瓶を覆い、輪ゴムか紐で閉じる。

(6)リンゴが酢になるまでの間、瓶の中身をかき混ぜる:最初の10日間は毎日、その後10日間は隔日おきにかき混ぜる。

(7)最後の10日間はかき混ぜることなく発酵を促すためにそのままにしておく。

(8)1ヶ月が過ぎたら、ろ過して瓶に詰める(発酵が続いているため、ガスが発生することを考慮して、瓶いっぱいに詰めないようにする)。

(9)リンゴ酢は保存し、蓋を開ける際は、丁寧に開けるようにすること。


リンゴ酢の発酵の原理はフルーツケフィアと同じです。また、発酵ジャーを使うことももちろん可能です。


自家製のリンゴ酢は賞味期限がないので、遠慮なくどうぞ!


ぜひリンゴが旬のこの時期に自家製のリンゴ酢を作ってみてはいかがでしょうか?



校正Erika

 

Follow Clémentine







Comentários


酒類販売管理者標識 (2).png
bottom of page